投稿日:

NAOTの靴に合うバッグ、作りました!

あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年になってから初めてのブログは、第三弾!コナランオリジナルバッグについてです!

今まで「万葉人のポシェット」「conaranのママリュック」とコナランオリジナルのバッグを開発してきましたが、やっと、これぞ革、本格的な革の3wayバッグが誕生しました!

どういう経緯から誕生したかと言うと、単純にNAOTのオルガに合うバッグが欲しい!という思いから生まれました。

同じ革を扱うお店であり小物である靴を取り扱うNAOT、いやNAOTさんを勝手にリスペクトしておりまして、中でもオルガという靴が大のお気に入りの私。だったらこの靴に合うバッグを作ってみよう!という試みで出来上がったのが、このオールレザーのバッグなんです。

どうですか、このツヤ。たまらないでしょ、そしてこの革の重厚感!

NAOTのオルガBuffalo Leatherの赤茶色の色味に合わせた革で作られた3wayバッグ。

リュック、ショルダー、手さげの三通りの持ち方ができる“使える”バッグです。

ちょっと、↓この写真の人キョトンとした顔をしてますが…それはさておき、オルガとセットで持つと統一感が出て◎

靴の色味に合わせた革で作られた鞄なのでオルガとの相性は最高です。

よくここまで色が合ったな~と我ながら思います(笑)まぁ色合わないとコンセプトとして成り立たないんですが(汗)

なんとか自分の理想の色、形のバッグができたと思います!

まだ試作段階なのでここから少し手直しして本番になります。

ここでちょっと気づいた方もいらっしゃると思いますが、バッグにはポイントとして革ボタンが使われています。

そう、奈良県橿原の伝統産業の革ボタン。この革ボタンのブランドも今年誕生予定です。

また動きがありましたら報告します!

※4/24追記 お待たせしました!ついに、この鞄が販売になりました!コチラ

投稿日:

コートのボタンを革ボタンにリメイク

どうもこんにちは。冬の寒さが身に染みる今日この頃、皆さまいかがお過ごしで。

私は不思議なご縁で、面白いというかものすごく興味のあるテーマのお仕事依頼を受け、うきうきわくわく鼻息を荒くしております。これはきっと、いや絶対に面白いものになるはず!まだまだネタばらしはできませんが今後の私の動きに注目していてください(誰も注目はしないって~)

さて、またまたリメイクの話題です!今回は10年前ぐらいに購入した「カーライフ」というアパレルショップのピーコートのボタンを付け替えてみました。

もう何年も着ていなくてボタンも取れかかっていたので丁度良い機会なので革ボタンにチェンジ!

するとどうですか?!金色ボタン時代のちょいコンサバテイストからナチュラルシックな感じに変わりましたよね?!

あれ?金色の方が良かったという声が聞こえます。あ~それはきっと空耳。写真じゃあ伝わらないんだな~

紺地のコートにあえての紺色の革ボタンにリメイク。なんかシブくて他にはない一つだけのピーコートに生まれ変わったような気がします!

これに白いコーデュロイのパンツを合わせて冬のマリンルックがしたい!鞄はこんなオレンジのリュックが似合うはず…

革と帆布のコンビリュック

あーうまいこと鞄に繋げることができた~!最近ずっと鞄のことに触れていなかったから…鞄屋なのに鞄の宣伝もしないで革ボタン革ボタンって。

鞄も絶賛販売中です!

投稿日:

革ボタンをブローチやヘアゴムにしてみました

おはよーございます。…寒い!寒ーい!

目が覚めて30分ほど布団から出られませんでした。今朝の冷え込みは相当きてます。

最近、革ボタン、革ボタン言うておりますが、実はコナランで革ボタンを取り扱うことになったのです。

伝統工業であり、国内唯一の革ボタンの生産地がここ、奈良県は橿原市。

そんな革ボタンを使った鞄や、アクセサリー、小物を今後コナランで展開していく予定です。

革ボタンのブローチ、ほっこりとした印象がかわいらしいです。帽子につけるとおしゃれ!

ヘアゴムもかわいらしいです。

奈良県は橿原市で一つ一つ職人さんの手で作られる革ボタン。世界でもトップクラスの技術がその一粒にギュッと詰まっています。

そんな革ボタンの魅力を奈良から発信していきたい!手作りの温かみを届けたい。

革ボタンを使った新ブランドは年明け以降誕生します。

どうぞよろしくお願いします!

投稿日:

ポンテデピエ!奈良の靴下屋さん

みなさん、こんにちは。

奈良と言えば…鹿、大仏、法隆寺、そして靴下!。そう、知る人ぞ知る国内生産量日本一!の靴下のメッカなんです。

奈良県は広陵町にある靴下のブランド「Ponte de pie!」さんの靴下をご紹介させてもらいます。

“自分たちが毎日履きたい靴下、履いていて嬉しくなるような靴下をつくる”という目的でポンテさんの靴下は作られています。

実際に私たち夫婦もまだ2足目ずつですが愛用させてもらっています。その履き心地の良いこと。丁寧にゆっくりと編み上げられた靴下と包まれるような履き心地。色目も落ち着いていて個人的に革の靴に合わせやすいと思っています。

こんな風にNAOTの革靴にぴったり!

秋冬ものの靴下はウール混でぬくぬくとして履いていて気持ちが良いです。この冬はオレンジ色の靴下を購入しましたが、ブラウンも気になる!これがまたいい色合いをしてるんですよねぇ。いつ買いに行こー

大量生産では出せない風合い、温もり。それをしっかりと自分たちの想いと一緒に届けているポンテさん。素敵です。

Ponte de pie!