投稿日:

ボルドーのバッグ集めてみました

…引き続き、秋に持ちたいカラーのバッグ特集!イエーィ!

今年注目の「ボルドー」の鞄も集めてみました。それにしても流行色って多すぎですよね。これだ!この色で決まり!みたいに一色にしてくれれば迷わないけど。まぁそんなこと気にしないで自分の好きな色を纏ったらいいんじゃね?みたいな発想もありますよね。私はそっちですけどね。流行うんぬんに囚われたくないというか、業界の人たちが勝手に決めた流行の色に左右されたくないというか…あぁっ!これじゃ特集組んでる意味がない!

いいんです、皆さん。好きな色を纏いましょう!その方がきっといいはず。好きな色は自分を元気づけてくれます。流行だからって苦手な色に手を出したらヤケドするってもんよぉ。(大げさ?!)

あくまで流行っていうのはポイント的に使うと良いって言いますもんね。ちょっとだけトレンドを入れているとおしゃれさんっぽくなるというか。さて何が言いたいのかわからなくなってきましたがボルドーのバッグのご紹介といきましょう!

 姫路産オイルヌメ革のミニトート

革の存在感が素敵なバッグ。小ぶりに見えますが意外と物も入ります!

馬革2WAYリュック

ショルダーとリュックで持てるお得な2wayバッグ♪馬革ならではのなめらかで上品な質感。いつものスタイルを大人っぽく格上げしてくれそうなバッグです。

姫路産オイルヌメ革のショルダーバッグ 

一個は欲しい!革のショルダー。フラップの金具が他には無い仕様で特長的です。レトロなスタイルにもはまりそうなバッグですね。

鞄と靴下と帽子の色を合わせたコーデです。全体的に統一感が出ますね♪

ボルドーは秋っぽさ満載です。シックでもあるので大人にぴったりなカラーだと思います。私も流行うんぬん言わずに(笑)取り入れたい色の一つです。

投稿日:

テラコッタのバッグ集めてみました

今朝は寒い!めっちゃ冷え込みました9月ももう末。皆様いかがお過ごしで。

帰省したり、子どもが中耳炎になったり、親戚の行事があったり、ふれあいゼミナールを催したり、いろいろとバタバタしていた9月な気がします。それでも!オシャレのことは忘れない!もう長袖だって着ちゃっていい季節♪早くニットやら羽織やら着たいですよね!

そんな訳で、今年の秋は「赤色」がトレンド、というブログを以前にも書きましたが、「今秋流行の赤色!赤バッグ集めてみました」

今回も昨年から引き続き人気の「テラコッタ」の鞄を集めてみました。

ヴィンテージ加工帆布リュック

コナランで2番人気のリュック♪綺麗な発色が特徴のバッグです。

牛革ラウンドショルダーバッグ

内側にカードポケットがあるのでお財布っぽくも使える優れものです。ラウンド型がかわいい♪

ヴィンテージ加工帆布ミニショルダーバッグ

ちょっとしたお出かけやサブバッグにぴったりなショルダーです。ショルダーベルトが取り外せるのでハンドバッグとしても使えます♪

アーミーダック帆布ミニショルダーバッグ

こちらも2way仕様でショルダーと手さげでも持てます。旅行時のサブバッグとして重宝しそうです♪

こんな風に鞄と靴下の色を合わせるとキレイにまとまって素敵なコーデに仕上がると思います。

秋冬の服装は暗くなりがちなので小物で明るい色を差して楽しむおしゃれもしたいですね!

投稿日:

「かしはらふれあいゼミナール」水彩毛筆で仏様を描こう!終了しました!

コナラン初の試み「かしはらふれあいゼミナール」講座、無事終了しましたよ!

「水彩毛筆で仏様を描こう!」という、鞄屋とはまったく関係の無い講座でしたが、ご参加いただけた皆様に満足いただけたようでとてもホッとしております。

始まる前はいろんな事が重なってドタバタで準備をしていて緊張する余裕もないぐらいでした。というかまるで初めてで誰かに何かを教えた経験もなく、また、セミナー講師なんてものも全くの未経験だったのでどう緊張したらいいのかもわかりませんでした。なので“楽しく集まった方々とワイワイやろう♪”という心構えだけで初体験を乗り切ったようなものです。

来てくださった方々もお優しい人ばかりだったので、私の段取りの悪さも気になさらず水彩画に集中してくださいました。本当にありがとうございます。

講座の風景です。ベレー帽なんかを被って雰囲気だけでも“絵を描く人”を気どってみました(笑)

今回の経験を活かしてまたこの様な講座が開けたらいいなーと思っています。

投稿日:

今秋流行の赤色! 赤バッグ集めてみました

どうもこんにちは!大変ごぶさたしておりました。あの、特に忙しかった訳ではないんです。ブログをサボっていた訳でも…あっこれは“サボっていた”に属しているのかな…なんかね。まぁ、こういう時もありますよね!

2017年秋!もう秋ですよ!すっかり涼しくなって今朝はちょっと寒いくらいです。この秋の流行といえば、赤!赤が流行ってますね!雑誌でもテレビでも(ヒルナンデス情報)赤が最新のトレンド~なんて言ってます。

そこで、コナランで取り扱っている赤いバッグを集めてみました!そうそう、ちょうど赤い鞄を探していたのよね!というそこのアナタ!はたまた、赤は派手だしなんか抵抗あるわ~というそこのアナタ!バッグや小物なら赤の面積も少ないので抵抗なく流行を取り入れられますよ!

まずはリュックから、どうぞご覧ください~

アーミークロス帆布リュック

コロンとした形が可愛らしいリュックです。取り出し口が大きく開くので物が取り出しやすい便利なリュックです。

ナイロンデイパック

色が鮮やかなナイロン素材のリュックです。カジュアルや、ややスポーティーな格好に合わせたいという時にピッタリなリュックです。

お次はショルダーのご紹介です。

Micsmile2WAY帆布ショルダーバッグ 

きれいな赤色が印象的なショルダーバッグ。こちらはたくさん荷物が入るのでママバッグとしても使えてオススメです。2wayなので斜め掛けも肩掛けもできて便利!

フワソフト帆布・ショルダートート

やわらかな帆布素材のショルダートートです。普段使いにピッタリなサイジング。気兼ねなく持てるバッグです。

お財布ミニショルダー

コナランでの人気ダントツ1位のバッグ!お財布機能がついたミニショルダーです!こちらのバッグは大変便利です。私も使っていますがショルダーをはずした状態でも普通のお財布と変わらないくらいの大きさなのでリュックに入れてもかさばらないし、サブのバッグとしても機能を果たしてくれる大変優秀なショルダーです!

クロームタンニンレザー2WAYミニショルダー

こちらはオケージョンにピッタリのショルダーです。ショルダーを外すとクラッチバッグに。もちろん普段使いもできるキレイ目で上品なバッグ。

赤いバッグを差し色にしたコーディネートはコチラ↓

すいません、こちらのバッグは完売しておりますが、こんな感じでコーデを組むと赤色がポイントになって可愛いですよね!

帽子も赤にしてちょっとパリジェンヌ?っぽくしてみたコーデ。赤色を小物で取り入れるだけでなんか垢抜けますね~赤だけに(笑)

この秋、トレンドの赤色を取り入れてオシャレを楽しみましょう!もちろん、流行にとらわれず元々赤色がお好きな方もこの秋のおしゃれを一緒に楽しんでいきましょう~♪

投稿日:

小説「アルケミスト」を読んでの感想。

「アルケミスト~夢を旅した少年~」という本を読みました。

全世界でベストセラーになっているという小説ですが読み終えてからその事を知りました。

羊飼いの少年サンチャゴがアンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出て、そこに彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて旅をするお話です。

読み始めはあまり面白いとは思わなかったのですが、だんだん中盤ぐらいから面白くて本にかじりついて一気に読んでしまいました。

ちょっと哲学的で抽象的で頭で理解するのは難しくて同じ文章を何回も繰り返して読んだりする場面もありました。たぶん、頭で読んじゃいけない、心で読む本なんだなと。

心でその文章を理解してみようと思うとすんなりできるんです。「あぁきっとそういうことか」

常日頃思っているような疑問を文章で、物語で表現するとああいう難しい表現になるのかなぁ。だからものすごく説明的で文章的で難しく感じたのかな。

「心に耳を傾ける」という言葉が頻繁に出てきました。私はある時から心にそう決めて生きています。ですから心からのメッセージ、本当に思っていること、正直な気持ち、を大事にして毎日を過ごしています。

怒る時は怒る!泣きたいときは泣く。楽しい時はたくさん笑う!嬉しい時は幸せを感じる。そうやって常にその瞬間、瞬間の感情は「その時」に出すようにしています。めったに感情を溜めることはありません。だって苦しいから。自分を傷つけるだけだから。

子どもは常に感情を出します。ちょっとでも感情を溜めこんだりしません。嫌なら「イヤ!」楽しかったら笑う。眠たかったら眠る。お腹が空いたら食べる。…大人になるにつれ、社会に出るようになるにつれそれは出来なくなる。親のしつけ、学校のルール、会社のルール。世間の目。だから感情を抑えるようになる。

いつからか私もそうなっていたのかもしれません。でもどん底に落ち込んだ時、心から出てきたのは「心に正直に生きる」でした。やっぱりピンチの時は心がメッセージをくれるんですね。そこで気づいたこと、今の人生に繋がっているんでしょうね。

心を開放すると、今まで見えなかった物が見えてきました。綺麗な蝶々、木の木漏れ日、植物、青い空…すぐそばにあるようなものが目に入ってきたんです。すぐそこに素敵なものがあるのに見えてなかったんです。

何が言いたいのだろう…。だから私は「アルケミスト」を読んで素晴らしいとは思いましたが、既に知っていることをまた改めて難しい文章で教えてくれてた本。っていう感じでしょうか。確かに言葉では言い表すのは難しい「ことば」や「気持ち」を物語にした素晴らしい物語だと思います。要はなんでしょ、「心に嘘をつくな」、「心からの声を聞け」というメッセージが込められている本なのかなーと思いました。