投稿日:

一つ年をとりました。いい歳です。

おはようございます。こんにちは!

台風も過ぎ去って一段落…と思ったらまた雨。そして今週末もあやしい…。どうか降らないでください!!鞄の撮影があるんです!どうか雨だけはご勘弁を。

というわけで昨日感じた個人的なお話しを一つ。コナランアカウントとは別に個人でやっているインスタグラムがあるのですが、そこでフォローをさせてもらっている仏師さんがいらっしゃいます。いつも「なるほどなー」と思う文章を書いていらして昨日その方の投稿を見て感動しました。

詳しく載せてしまうと引用みたいになって何か法に触れてしまうかもしれないので、ざっくりと書かせてもらいます。

人として生まれてくるのはすごい確率、というような事をおっしゃっていました。なんかよくわかりませんね、すいません。要は“人間”としてこの世に生を授かるのはものすごい天文学的な確率で奇跡的なこと、ということらしいです。

確かに、この世には様々な生物が暮らしていますよね。アリさんやお花、お魚にお野菜、猫に犬に…数えるのは到底無理ですね(笑)その中に人間がいて。私が人して生まれなかったとしたら一体何になっていたんだろう。もしかしたら何にもならないでただの“無”だったのかもしれませんね。それは逆にいいことなのか何なのか。でも私はこうして人として生まれてこれて本当に良かったと思っています。嫌なことも辛いこともしんどいこともたくさんありますが、人間に生まれてこれたことだけで超奇跡的なことだ!なんて、素晴らしすぎますよね?!

だったら辛いことも嫌なことも“人間”として生まれたからこそ味わえる感情なんだな、と思うと全てが有難いことで一つも無駄なことはなくて、ただこうして息をして大地に立っているだけで幸せなことなんだと、噛みしめることができました。

昨日、一つ年をとったので余計にそう感じたのかもしれません。人として生まれてくるのが奇跡なら、また誰かと誰かが出会うのもまたすごい奇跡。奇跡の上に成り立っている奇跡。もうなんかよくわかりません。人に生まれ人に出会う。そのご縁もすごいもの。大切にしないといけませんね。

皆が皆、奇跡の人なんですね。争い事はやめて、皆で称えあいたいですね。お互い奇跡的に生まれてきてくれてありがとう、と。一緒にいてくれてありがとう。生まれてきてくれてありがとう。産んでくれてありがとう。

来世は何に生まれるんだろう。“無”だと寂しいなぁ。

投稿日:

初めての運動会!サコッシュがあれば、なお良し

昨日は娘の初めての運動会でした。10月の半ばから一週間以上続いている雨。当日も奇跡的に晴れる訳もなく晴れ女の効果もなくやっぱり雨。屋根付きの運動場ではあったものの寒さと立ち見の観戦で約3時間。どうなることやらと思いましたが、なんてことはない!子ども達の笑顔と真剣な表情、楽しそうな笑い声を聞けるだけで充分なんです!それだけで立ち見の苦労も寒さも消えてしまうパワーをもらえるんです。

やはり雨の日なので時間や寒さの都合上、はしょられる競技もありましたが大きなトラブルもなく無事に運動会は終わりました。


その中で今回の運動会の反省点(私の中の)が浮き彫りになりました。まず、事前に配られた運動会のプリントにちゃんと目を通していない!これはいけません。実は前々日から娘が風邪をひいてしまい、当日の朝に出席するか欠席するか決めようと思っていたのでいろいろと準備が遅くなってしまい、忘れ物をしたり、間違ったことをしてしまいました。もらったプリントは隅々まで目を通さなければなりません!

その二。子ども用におやつを用意しておくこと!これは絶対必須~!まだ2歳の弟がいるのでひまを持て余してしまいぐずり出した時のおやつ!なんとこれも忘れていたのでピンチ!がしかし、義理のお母さんがおやつを持ってきてくれていたので助かりました…。大人も小腹が空くので何かしら食べ物は用意しておいた方が良いですね!というのも午前中で終わってしまう運動会だったのでお弁当の用意も無かったのです。お菓子ぐらいは持っておかなきゃね!

その三。もしかしたら来年は脚立も準備?!やはり運動会のメインイベントといえばリレー!4,5歳児さんの真剣レース!年長さんともなると走るスピードも、気合いの入れようも違う!皆走るの速いし、何より格好いい!この時ばかりは我が子の勇姿を撮りたい親御さん達が皆立って応援されるので後ろで立ち見じゃレースが見れない!そこでマイ脚立を持参して撮影をしておられるお母様もいらっしゃいました。すごい気合いの入れよう。きっとこの日のために我が子とリレーの特訓でもなさっていたことでしょう。そう、この競技を見て私も来年は娘とリレーの練習を公園でしよう!と心に決めました。年長さんたちのあの気合いの走りを目の当たりにした今、生半可な気持ちじゃレースに臨めない!と思ったのです。だから私も本気の走りで娘をサポートしようと思いました。それだけの花形競技リレー。子どもの頃はなんだか責任重大で同じチームの誰かコケてしまえ~なんて、絶対思ってはいけませんがそれ程までにプレッシャーに感じた魔の競技。親の立場になった今、絶対に映像を残しておきたい競技の一つ!誰にもコケてほしくない!

とまぁ、親側になってわかるいろんな気持ち。やる側と応援する側じゃあ立場も気持ちも全く違いますよね。でもこれだけは言えます!我が子の頑張る姿は眩しい!あんなに輝いて見えるとは。いつもは「幼稚園行くのヤダ~」とか弱気なことを言っている娘でもあんなに楽しそうにお友達と一瞬に頑張っている。ジーン。…泣きそうになりましたね。子を産んでから涙腺が極端に弱くなりましたが、我が子の頑張る姿はヤバいです。胸が締め付けられます。

ずっと立ち見でリュックにたくさんの荷物を入れて、さらに一眼レフに望遠レンズをつけたものを首からぶら下げていたので、リュックから動画を撮るためのタブレットを取り出す作業が大変でした。こんな時にサコッシュがあればな~と思いました。以外とタブレットで撮影されている親御さんも多く、ちょうどタブレットが入るサイズのサコッシュをナナメ掛けして、たくさんの荷物はリュックに。そんなスタイルなら動画撮影もスムーズだったかな~と。次回、そう来年はリュック+サコッシュの姿で運動会に臨みたいと思いました!それよか朝から早く並んでシートひいて席を取ってゆっくり座って撮影しろよ!って話ですよね(笑)

Micsmile帆布サコッシュ

投稿日:

奈良の秋と言えば、正倉院展!

芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋。あなたはどの秋が好きですか?

うーん私は昔から絵を描くことが好きだったし、今でも絵を描くことを仕事にしているのでやっぱり…食欲の秋!ってなんでやねーん!…ね。

芸術の秋ですよ!げ・い・じゅ・つ、の!そう、奈良が一年で最も輝く時、それは秋。泣く子も黙る「正倉院展」が開催されますよ!!!

私も何度か訪れていますが、入場者数がハンパない!めっちゃ並ぶ!グッズ売り場もすごい人だかり!どうしてこんなにも並んでまで入りたいの?観たいの?それはね、「ロマン」だよ。遥か昔の人が作った素晴らしい芸術品、そこに宿る願い、想い。それを受け継いだ後世の人々が大事に大事に今の今まで守ってきた日本の宝。だからねぇ人は魅かれるんですよ、その想いに!宝物に!

えらそうなことを申し上げて申し訳ありません。私なりの解釈ですが、とにかく1300年も前の物が今そこにある奇跡ってすごすぎませんか?!正倉院展は世界中の展覧会でもトップクラスに入る展覧会なのだそうです。その世界トップクラスの展覧会が奈良で観れるんですよ!行かない手はないです!観て損はありません!私も…たぶん行きます!

第69回 正倉院展 平成29年10月28日(土)~平成29年11月13日(月)までです。

奈良に来られたら他にも見所がいっぱい。歴史ある神社にお寺に街並みにそれを囲む山々。正倉院展の頃には景色も色づいて秋真っ盛りだと思います。

そんな奈良旅行を盛り上げる必須アイテム「万葉人のポシェット」

コナランとHOSSOGEさんでコラボして生まれた歴史好きにはたまらない古代のポシェット。実際に三ツ塚古墳群(奈良県葛城市)から出土した「日本最古の袋型のカバン」を参考にして作ったバッグです。

御朱印帳も入るナイスなサイズ感。鞄の真ん中に入ったストライプには「樹下双獣」の文様が。鹿さんの柄がとても奈良っぽくて可愛いのです。

旅行のサブバッグとしてもぴったり。ショルダーベルトを外せばバッグインバッグにも使えます。秋の旅行のおともにしたいですね~

お色は「埴色」と

グリーンが爽やかな「翡翠色」がございます。

ぜひこの機会に奈良においでください。素敵な秋がいっぱい詰まっていますよ♪

投稿日:

コナランのママリュック、帰省で大活躍!子連れ新幹線でも

先月、実家に1週間ほど帰省してきました。奈良から京都駅に出て、新幹線のぞみで東京駅に着くまで約2時間半…。

あなたは想像したことがありますか?体力を持て余す5歳児とイヤイヤ期真っ盛りの2歳児を連れての密室の新幹線…。逃げ場はありません。しかも夫は仕事で一緒に帰れないので母一人で子どもたちをみなければならないという過酷なシチュエーション。ある者は恐怖の余りおじけづき、またある者は想像するのも恐ろしいと嘆く、地獄のミッション!(すいません大げさすぎです 汗)

そうです、泣く子も騒ぐ子もどうにかこうにかテクニックを駆使しないとこの2時間半の乗車は耐えられないのです!周りの目も駅員さんの目も気になる始末。そんな恐怖ののぞみを私はかれこれ5回ほど経験してきたので過去の成功と失敗を重ねてたどり着いた独自の?テクニックがあります。そんな大そうなもんじゃありませんが、きっと新幹線や長旅を子連れで経験されているママたちも我流のテクニックをお持ちだと思います。

まず、お昼~お昼過ぎの時間帯の新幹線に乗ること。これはお昼ご飯を食べさせて車内で寝かせてしまおうという作戦です。だいたい0歳~2歳ぐらいの子どもなら大抵揺られる車内でねんねしてしまいます。しかし、もう昼寝をすることを忘れた2歳後半~の子どもにはこのテクニックは効果がありません。

次は、シールブック作戦!

お昼を食べて満足した我が子。リュックからおもむろにシールブックを効果音に乗せて取り出す!「ジャーン!」ここでお母さんは元気よくシールブックを取り出してください。子どもに何々?と関心を持たせるためです。うちの娘はプリキュアとキティが好きなので行きの新幹線はキティ、帰りはプリキュアの本、など行き帰りで異なるシールブックを渡します。2歳の息子にはKUMONのシールでお勉強&お遊び。帰りはトミカの絵本。車内で一緒にあれこれ言いながら子どもたちとシールの時間を楽しみます。

そしてだんだんシールにも飽きてきた頃にすかさず「おやつターイム!」

ここでもお母さんは元気よく。いつも食べているお菓子でもいいですし、ちょっと奮発して車内販売のアイスクリームなんかを買ってあげたらそれだけで子どもは喜んではしゃぐと思います。うちは買ったことないですけど 汗

ここまででだいたい1時間半ぐらいでしょうか…まだ1時間もあるじゃん!!ここからはもう辛抱タイムですね。ぐずりそうになったら今ならスマホを見せてあげる、とかでしょうか。

私はまだガラケーなのでタブレットを持参してきて動画を見せてなんとか乗り切りました。うちはタブレットではユーチューブなどは見せないので代わりに今まで撮ってきた子どもたちの動画を見せて過去の思い出を振り返りながら楽しく過ごしました。

緊張と周りの目に耐えたお母さん、お疲れ様でした!あの手この手で新幹線を乗り切った母たちはヘロヘロです。実家に着いたらゆっくりとダラダラのんびりさせてもらいましょう!

私が今回の帰省で使ったバッグ「conaranのママリュック」。もう毎日使っていますが、帰省の際にもたくさん荷物が入るのでかなり重宝しました!

パンパンに入ったリュックその中身の実態は…

ちらっと…

バーン!すごいでしょ?!この量!子どもの着替えにオムツが入ったポーチ、おやつとジュースが入ったポーチ、ペットボトル、シールブック、手帳、子どもの羽織り、ハンカチ、ティッシュ、ウェットティッシュ、鏡、パスケース、エコバッグ、化粧ポーチ、etc…この量がホントに入るんです!

実家で過ごすための荷物は事前に送ってしまっていたので軽装備でしたが、行きの過程でもだいぶ荷物を持ち歩くのでこの大容量バッグには助けられました。

もう半年近く使っているこのママリュック。今ではすっかり私の毎日の相棒です!この子なしではやっていけません。このリュックを作って本当に良かったと思っています。(写真は半年使ったコナランのママリュック)帆布も革も馴染んでいい味が出てきています♪