投稿日:

パパでも持てるマザーズバッグ

こんにちは。コナランスタッフのサクラダ(2)です。

さて前回に続き私が使っている「防水帆布と栃木レザー付属のリュック」のレビューです。

今回は前回通勤バッグ編に続いてパパバッグ編。

 

現在我が家には3歳と6歳の2人の子どもがいてます。家族全員でのお出かけもあれば子どもらと私だけでのお出かけもありますがその両方ではだいたいこのリュックを持って出てます。

前回の記事でもレビューした通り、このリュックは収納力があって荷物も取り出しやすいので子どもたちの荷物も十分収納できるうえ出先で発生した荷物も詰め込んだりできます(出かける時の荷物にも寄ります)。

しかもリュックなので両手がフリー。
住んでるところが田舎なので基本は車移動ですが、移動中に突如沸き起こる子どもたちからの「今から公園連れてけ!」。
そういう日がだいたいいつごろにやってくるのか最近では予想できるようになったので、いや、そう仕掛けるようにしてますので、そういう日は予め最低限の荷物を準備して出かけます。

今くらいの季節だと普段の子どもらは上着なしで遊ばせて少し冷えてきたな~と思えば上着を着せてあげてるのですが、2人分の上着もこのリュックなら入れておけます。

さらに下の子のオムツセットも余裕で入りますよ。さらにさらに背面ポケットがお出かけ用のハンカチの収納に便利。2人の子どもと公園のお出かけならまったく問題なしですよお父さん!

収納
▲子ども二人の上着と自分の財布、そして家の財布、そしてメンドクサがりの私は通勤で使ってる名刺入れ等も入れ替えずにそのままだったりします。
オムツ収納のパパリュック
▲先ほどの荷物の上に下の子用のオムツケースを入れて完成です。
涙を拭いて
▲背面ポケット。うちの子(3歳・男)は泣くと「涙を拭いて・・・」というんです。そんな時、リュックのポケットからサッと無言で手渡してあげます。

 

でも、たくさん入って両手フリーのバッグ、そういったリュックならたくさんあると思います。
そんな中でこのリュックの何が気に入ってるかと言いますとやはり雰囲気ですかね。いいバッグ持ってますやろ?的な。

ママバッグ時代から数えるとこのリュックはそろそろ3年モノになりますが今、付属の革(栃木レザー)がいい感じなんです。
複数年使い続けていい具合に年を重ねていくバッグ。見ていて愛着もわきますし、新品の状態とは違った表情を楽しんでます。

子どもを抱っこすると毎回のように革ベルトを引っかかれるのもお決まりなんですけど、その傷もいつしか自然に馴染み自然なかたちでリュックに刻まれます。

栃木レザー
▲いい歳の取り方をしている我が家の栃木レザーさん

 

帆布生地は3年も使うと汚れが目立ってきました。この汚れは性格的なものか?とも思いますが、子どもに靴で踏まれ、落書きされ、お菓子を食べたベタベタの手で引っ張られ・・・等の細かい積み重ねもあり今にいたります。性格上、ざっくりした使い方をするのでそれがさらに汚れを加速させてるんですね。

帆布生地
▲子どもに蹴られた跡

リュックを背負ってるのを忘れるんですよ、たまに。そのことで知らないうちに汚れた箇所にぶつかったりして、後で見てガックリ肩を落とすことが何回もありました。たぶん、キチンと使えばそんなに汚れないような気がします。

普段の生活を丁寧にできるようになりたい・・・。

それでもそんな細かい汚れや革のエイジングも含めて気に入っています。いい素材のものを長くじっくり使っていく、
“そうそうそう、私ナチュラル派ですねん”というアピールもかねて。これからバッグにどんどん年季が入っても堂々と使い倒しますよ!

今回の記事のバッグはこちら→「防水帆布と栃木レザー付属のリュック

投稿日:

弁当箱も入る、水筒も入る。スタッフが使ってるカジュアルな通勤リュック

こんにちは!最近、新しいバッグを買ったのですが以前から使っているバッグをどうしても換えることができないままずるずると使い続けてしまってますコナランスタッフのサクラダ(2)です。

今回は私が実際に通勤で使ってるバッグのご紹介です。

元々は妻がママバッグとして使用していた「防水帆布と栃木レザーのリュック」をゆずりうけて1年くらい。ちょっと使ってすぐに新しいのにのりかえるつもりが伸びに伸びて1年。

帆布生地に汚れも出てきて、換えるタイミングとしてはとてもいいけど中々換えることができないでいます。

というのも実際使い勝手がいいので手放せないんです。

ちなみに生地の汚れは私が使うようになって急激に増えました。
やっぱりこの辺の鞄の表情の変化の度合いが著しく違うのって男性だからなんでしょうか。それとも性格!?

まあ、性格なんでしょうけど・・・。

それで使い勝手なんですが、今現在の使用用途としては

・仕事用の通勤バッグ
・子どもらとのお出かけに使うパパバッグとしての役割

の2つがメインです。

今回は通勤で使ってる相棒の働きぶりを紹介したいと思います。

今回の記事のバッグはこちら「防水帆布と栃木レザーのリュック」

 

~通勤用に使える大容量かつシンプルな構造~

▲そろそろ使いだして3年になるリュック

 

仕事柄、そこまでキッチリしたスタイルでの仕事ではないのである程度カジュアルな要素があっても大丈夫な私の相棒(仕事カバン)。カジュアルと言っても栃木レザーがいい味だして少し上品でおしゃれな感じがあるので持ってて恥ずかしくないバッグです。

いや、むしろ自身が持てます。いいバッグ持ってますやろ?的な。

 

以前はバリバリのビジネスバッグで、機能はたくさんついてて超デキルヤツなバッグでしたが僕としてはこっちの方が相性がいいみたいです。なんといっても

 

・ファスナー引手の大きさ→持ちやすい、
・ファスナーを滑らせる感覚→安定感抜群、
・荷物を取り出す収納口→大きく開いてダブルファスナーなので荷物の取り出しが快適
・中身にはA4書類も放り込める余裕の空間+弁当箱も十分に入る収納力

 

ですので私の中で通勤バッグとして申し分ないスペックです。

 

通勤リュックとして
▲ざっくりと荷物を収納。弁当や水筒も入りますよ

 

自分はなにかにつけてメンドクサがりなので
普段は書類や大きめの荷物はぶっこんで収納してます。それを許してくれるくらい包容力がこのバッグにはあります。

 

リュックのポケット
▲前ポケットは深くて携帯の他にスケジュール帳も余裕で入ります。深いけど間口が広いので下の方まで手が届くポケットです。

 

リュックの内側ポケット
▲内がわのポケットには通帳ケースや名刺入れ

 

そして、細かい収納が苦手なのでわかりやすく取り出しやすい位置にポケットがあれば事足ります。後は細々した小物をバッグインバッグなどでカバーして完璧な仕上がり。

 

内側がシンプルに出来てて、仕切りとかもないので荷物をゆったりと収納できるスペースが十分に確保されてるんです。

 

バッグインバッグ
▲USBなどの小さいものはポーチやバッグインバッグでまとめて収納

 

実は通勤用の鞄をこれに持ち替えてから感じたことがありましてそれは、
持ち運びする荷物は持ってるカバンによって変化させればいいのだ、と。

 

前は多機能カバンだったのでここぞとばかりに各所で荷物達が待機してました。しかも多数。

いるものいらないもが常にカバンの中で「いつでも出れるぜ」と言わんばかりにスタンバイしてたのであっちこっちから出撃を繰り返しては間違った部屋に帰ってきて迷子になることも珍しくはありませんでした。

整理整頓が苦手なだけなんでしょうけど・・・。

 

ところが、バッグを換えてみると一気に荷物の種類は減り、必要以上のものは持ち出さなくなりました。しかもどこに収納してあるか一目瞭然(お部屋がひとつしかないので当然ですが)。

今までは、カバンにたくさん荷物が入ったうえに機能を存分に使い倒したいが為に普段使わないものまで毎日持ち出してたんですね。

性格にもよるので一概にこれがイイとは言えませんがメンドクサがりの私にとってはざっくりした収納のバッグは相性が良さそうです。

仕事以外にもママバッグから受け継いだパパバッグとしても活躍中なのでホントに交代のタイミングが難しい!次回は引き続きこのバッグについて語りますパパバッグ編です。

今回の記事のバッグはこちら「防水帆布と栃木レザーのリュック」

 

しばらくはこういった系統のバッグを使い倒す予定です。
新しく購入したのもざっくりしたヤツなのでまたレビューしたいと思います。