投稿日:

軽くておしゃれな革製ミニリュック

軽量革コンパクトリュック

コナランスタッフのサクラダ(2)です。

本日ご紹介するのはコチラ

コンパクトでも長財布が入る軽量の革リュック

 

先日このリュックについてお問合せをいただきました。

ざっくりいいますと背面ファスナーのみで使いにくくないですか、という内容です。

実はこのリュック、小物用のファスナーポケットが背面にあるだけでなくメインの収納入り口のファスナーも背面にあるんです。

背面からの収納オンリーの革リュック

 

・・・正直なところ言いますと確かにリュックの上や前にファスナーがある方が使いやすいと思います。

 

ただ、このリュックは表面に何もないシンプルな表情が素敵なんです。

 

さらに、ファスナーが背面にしかないので背負ってる時に盗難防止にもなるんです。

 

シンプルなコンパクト軽量革リュック
▲表面はすっきりして何もない革リュック

 

▲横からみると三角のシルエット

 

その他、軽い革を使っているので軽量なリュックに仕上がってますし、見ためのコンパクトさとはうらはらに長財布やポーチ等も収納できるんです。

当店でも人気のリュックの一つなんですがお問合せを機に今回、再度このリュックの良さを考えてみました。

コンパクト、軽量、必要最低限の収納、革、リュックをお探しの方は是非チェックしてみてください。

収納力
▲コンパクトなわりに結構収納できました

 

今回ご紹介したリュックはこちら

コンパクトでも長財布が入る軽量の革リュック

投稿日:

お弁当箱も水筒も入る。通勤・仕事に使えるトートバッグ

弁当と水筒が入る

コナランスタッフのサクラダ(2)です。

前回の記事でご紹介した今僕が使ってるバッグ・KONBU-Nの2WAYトート

今回はこのバッグを実際使ってみて感じた使い勝手の部分を紹介します。

 

■お弁当箱、水筒、デジタル一眼カメラ、結構荷物が入ります。

弁当と水筒が入る
▲お弁当箱と水筒も入ります。

 

カメラ収納
▲デジタル一眼カメラもカバーごと収納

 

僕自身、外に出る時に荷物を減らす傾向にありますがマチ幅が広いバッグはいざという時に助かります。

普段の荷物の中に混じってスッとカメラを収納できる容量の大きさ。仕事でカメラを持ちだすときに助かってます。

 

■A4サイズもすっぽり収納

A4収納
▲A4ファイル収納

 

A4ファイルが横に入ります。なんだかんだ言って仕事でも使いたいのでカバンを選ぶにあたってこれは必須条件でした。

 

■お財布等の貴重品はファスナー付ポケットに任せて!

貴重品収納
▲お財布等の貴重品を収納

 

これなんです!ファスナーがあるという安心感。このバッグは内側中央にまるで仕切りのようなファスナーポケットがついています。

広く深いポケットなのでいつもお財布を2つとその他貴重品を入れています。しかもこのポケット、取り外せるんです。

取り外しポケット
▲内側の仕切りポケットは取り外し可能です

僕はあまり取り外すことはしてませんが外すと内側の収納スペースをたっぷり使えます。でもこのファスナーポケット、便利なので僕は外すことはないと思います。

 

■スマホが取り出しやすい位置に小物ポケット!

小物ポケット
▲すぐに取り出せる位置にあるポケットです

 

このバッグの内側(しかも両側)に小物ポケットが付いています。大きめのスマホでも収納できるポケットです。

ポケットの位置や深さもちょうどよく、収納してる小物が取り出しやすいです。

しかも・・・トートバッグの収納口はホックでとめておくことができるので安心です。

▲パチッと閉じます

お財布などの貴重品は内側中央のファスナーポケットに収納で安心、でもスマホは小物が複数ごろごろとしてるポケット内になるべく同居させたくないし、すぐ取り出せる場所に入れておきたい。しかもスマホはスマホで貴重品だしな~。

そういった僕の要望をかなえてくれたのが内側両サイドの小物ポケットでした。

取り出しやすい位置に収納できて、さらにはトート全体の入り口をホックでとめてしっかりガード。

なんて素敵な設計なの!

 

■ほぼ肩掛けで使ってます。

トートバッグですけど肩掛けが出来るように肩ベルトが付いてます。

僕はほぼこれを使って肩掛けで移動してます。

 

今回はKONBU-Nの2WAYトートの充実した機能面をご紹介しましたがなんといってもおしゃれな顔をしとるんですよ。

ホントに毎日持って出ると自分自身の気分が高揚しているのを感じるほどです。

どんな用途でカバンを使うかにもよりますがお弁当や水筒を収納してなおかつ仕事用・通勤用ににA4サイズ収納は欲しいというかた、このバッグめっちゃおすすめです!

 

今回ご紹介したバッグはこちら

マニッシュな表情でかつ大容量2WAYショルダートート

投稿日:

雨でも大丈夫なおすすめの防水トートバッグ

2WAYショルダートート

コナランスタッフのサクラダ(2)です。

先日からまた新しいカバン(KONBU-Nの2WAYトート)を持ち始めたのでそのご紹介です。

今使用しているこの2WAYバッグ、かなりおすすめです。

以前にご紹介したバッグも、もちろんおすすめですよ。

ただ、今回のバッグは僕の“今”の用途にピッタリハマった感が強いのでとても快適に使ってます。

 

そのバッグとやらはコチラ。

ショルダートート

ざっくりいうと「手さげ」でもいけて「肩掛け」でもいける2WAYトートバッグ、でなおかつ防水生地です。※革部分は防水ではありません。

 

ここ数年はずっとリュックを使ってました。

というのも休日に子どもと過ごすために大容量のカバンが必要だったり、仕事用カバンとして大容量を重宝してたり、重たい荷物を両肩で持ち運べる、両手があく、いろいろ理由はあります。

リュックを長いこと使っていてリュックはリュックでいいところはたくさんありました。

ただ、最近は移動する際、極力荷物を減らす傾向にあったので大容量を両肩でしっかり持てるというリュックの利点よりも内側収納部へのアクセスが良くスッと使えるというこのバッグの利便性が僕にはフィットしたようです。(しかしこのバッグは大容量という部分もカバーしてますが・・・)

 

■カバンを代えると毎日も変わる。

もうひとつカバンを代えた理由は「気分を一新する」ためです。

新しい季節がやってくるとき靴や服を新しくするならカバンも代えて毎日の気分を高めるのをおすすめします。

僕も新しいカバンを持つことによって毎日外に出るのが楽しみになりましたし、カバンに合う靴を選んだりするワクワク感なども楽しんでます。

実際僕もこのカバンをいろんなところに持っていきますが、たくさんの人に「そのカバンいいね!」と言っていただけます。

我が家のジャイアンからも早々に「これ私の方が似合うよね?」という“それ貸せよ”的な圧力をいただいております。

 

■防水の具合を見てみました

せっかくなので防水効果を検証してみました。

スペック上は雨でも大丈夫なトートバック、と思ってますがその結果はいかに。

前回のように新品時に防水効果検証するの忘れた、とならないように即実験。


見事に転がってますよ!水玉が!

面白いように水が流れていきます。

もっといい動画撮ろう、もっともっとと、何度か撮りなおして上の動画がとれました。

うん、まあまあわかりやすいの撮れた。

今回は新品時に水弾き動画を忘れずに撮れて良かった。

 

と、思いきや、勢いよく流れる水玉たちはそのまま斜面をくだって下で待ち受ける革附属に容赦なく襲いかかります。結果、持ち手にシミが付いていることに気が付きませんでした・・・。

しまった・・・革附属にクリーム塗るの忘れてた。

 

※革についた水のシミは乾いてとりあえずは目立たなくなりました。でも日頃からしっかりとメンテは心がけたいですね。

 

次回は使用感について紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したバッグはこちら

マニッシュな表情でかつ大容量2WAYショルダートート

投稿日:

雨にも強い生地のバッグ、2ヶ月使用後の防水効果

こんにちは。コナランスタッフのサクラダ(2)です。

現在私個人が通勤+休日用に使ってるカバン・防水帆布のリュックを使い始めてはや2ヶ月を過ぎ、只今3ヶ月目です。

このリュックは防水効果がウリなので改めてこの時点での防水効果を再チェックしようと思いたち、せっかくなので動画も撮ってみました。

 

3ヶ月になる我がパートナーの水をはじく雄姿をバッチリ残しておこうと思います。

はぁ、新品時にも防水効果の動画を撮っておけばよかった・・・。

 

防水帆布リュック
「なんだコノヤロー」って言ってそう。

 

さて事務所にシートを敷いて実験開始。

しばらく使った防水バッグは、はたしてどれくらい水をはじいてくれるのか!?

ちなみに使用頻度は「毎日」です。土日祝も含めてほぼ毎日使っています。

ものぐさなので休みの日も仕事道具が詰まった状態でお出かけしています。

さらにおおざっぱな性格なので使い方は大胆(雑)です。

 

では実験開始。

じょうろに入れた水を容赦なく浴びせます。

【検証結果】

基本的に問題なくはじきましたが一部で少しだけ水が残りました。

でもすぐに拭き取れば問題ないレベルで中までガッツリしみ込むということはありませんでした。

今回使ったバッグは「めっちゃ使った感」はありますので新品時の水弾きよりは少し劣ってます。

特に若干しみこみかかってた箇所が気になります。ただ、バッグの使用頻度や今まで扱ってきた扱い方を考えれば普通に丁寧に使っていただいた場合より生地がへたれるスピードは早かったのかも、ということも考えられます。

またしばらく経ってから防水効果を検証したいと思います。

 

今回ご紹介したバッグはこちら

ドゥーマンの防水帆布横型リュック

投稿日:

丈夫な帆布リュックが入ってきました

こんにちは。コナランスタッフのサクラダ(2)です。

当店でも人気があった帆布リュックで、ながらく欠品していた「白ヌメ革附属の帆布リュック」が再入荷しました。

久しぶりに、改めてみるとしっかりしてる帆布生地のリュックです。

ちなみに生地は6号帆布(※)です。当店では8号帆布や10号帆布が多い中、少ししっかりめの生地となっております。

※帆布生地は号数が10号>8号>6号と小さくなるにつれて厚くなります。

 

せっかくなのでこの丈夫な帆布リュック、どれだけ荷物が入るか実際にモノを入れてみました。

大容量リュック
▲入るには入りますがこれだけ入れるとけっこう重たいです。

 

▲実はこれだけリュックに入れてもスペース的にはまだ若干余裕がありました。でもこれだけでも重たいのでこれ以上入れると相当重くなります。

 

お財布が自分用・家用の計2つ、ポーチ×2つ、折りたたみ傘、水筒、弁当箱、スマホ、雑誌、文庫本、鏡、ハンカチこれだけのものが入りましたが実際にはまだ若干スペースが残っておりました。写真はありませんがもう少し荷物を追加しても充分入りました。

でもしかし、背負ってみたら相当重い!入るには入るけど超重たい。これは少し現実的ではないと思ったので収納する量はほどほどに・・・それでも十分入ってます。

 

リュックの特徴

特徴っていっても奇抜なものではなく、シンプルな中にさらっと個性を主張するカッコいいやつです。

その1つがかぶせデザインの「きりっぱなし」のようなデザイン。

これは帆布を斬って使っているのではなくて帆布生地の端を使うことによってきりっぱなしに見せたデザインです。ですのでここからどんどんほつれてくるという心配はございませんのでどうか安心してご使用ください。

 

白ヌメ革

それと白ヌメ革の付属も特徴ですね。
使い続けるとこんな風になります。上の写真右が新品時、左が使用後時間が経ったものです。

革の味わい+しっかり生地。
なおかつシンプルなので安定して長く使える帆布リュックをお探しのかたにおすすめです。

 

当店でこのリュックをコーディネートしてみました

▲カーディガンを使ったコーディネート。
大きめリュックでちょっと一泊一人旅。

 

今回ご紹介のリュックはこちら

白ヌメ革附属の帆布リュック

投稿日:

おすすめの“荷物がたくさん入る”リュック。結構いっぱい入りました。

たくさん入るリュック

コナランスタッフのサクラダ(2)です。

先日から使用しはじめた「ドゥーマンの防水帆布横型リュック

たくさん荷物が入るリュック

防水仕様に仕上げて雨にも強いバッグになったので安心して毎日を共にするバッグになりつつあります。
→先日のブログはこちら「防水帆布リュックの革附属をメンテして多少の雨でも大丈夫なリュックに仕上げる

ちなみにこの系統の帆布の色落ちについてもよくお問い合わせいただくのでその辺も後日改めて経過報告します。

さて、このリュック、見ためから結構大きめなんですが見ため通り荷物がたくさん入ります。

リュックにたくさん詰め込みたいかたにはおすすめです。

私はといいますと普段は通勤用に使用していますがものぐさな私は通勤用=普段用となり、しかも中に入れるものも入れ替わることなく用事に合わせて荷物を足して入れている感じです。

たくさん入るリュック
▲仕事でカメラを使うのですがデジタル一眼はカバー付きでも余裕で収納できますよ。もちろん通勤で使う場合なんかは水筒やお弁当箱も十分入るスペースです。

 

クッション付でタブレットも収納可能

ちなみに内側にあるポケットは厚手のクッション付なのでタブレットやモバイルPCも持ち運べます。

普段の仕事用小物とデジタル一眼カメラの収納、これだけでも僕にとっては十分役に立ってたのですが先日この大容量リュックが思わぬところで役に立ちました。

~エコバッグ忘れてもなんとかなった。ちょっとの買い物なら心配無用~

毎日の仕事終わりに子どものお迎えに行く私、子どもらも無事お迎えできて車に乗り込んでひといき。その時、我が家のジャイアンから買い出しの指令が。

「明日の朝用の食材で足りないやつあるから買って来て!」

どうやら少しだけ買い忘れたものがあるらしい。

早速スーパーに直行し必要なものをカゴに入れ、レジ前にならんだ時に気付く。コープ袋忘れた!(エコバッグの事です)。

いつも行くスーパーは基本的にレジ袋の提供は無しなんです。なのでレジで有料の袋をもらうかどうかの議論が頭の中で1.5秒くらいの間高速でぐるぐる回ってました。

バッグには普段の仕事用の荷物やらなんやらが入ってるぞ、入るか?どうする持って帰るか?まあええわ、買い物もちょっとやし、手で持って帰ればいいか、

と思ってレジ袋の購入は見送り。

レジ通過後、何気に買い物した食材をリュックに入れてみる・・・

 

余裕で入るやないか!

 

買い物にも使える大容量リュック
▲ホットドッグ作る気やな!

 

仕事帰りのちょっとした買い物にもこのバッグがあれば大丈夫と確信した瞬間でした。

~田舎ならではのありがたい頂き物にも対応~

先日、仕事で市内(奈良県橿原市といういなかまちです)のある場所に出かけた時のお話し。

無事仕事も終え、帰ろうとした時に担当の方から呼びとめられ「白菜入りませんか?」の一言。

こういった頂き物はホントに嬉しくて毎回家族でありがたくいただいております。前回もさつまいもいただいたり、ニンジンいただいたりありがたい限りです。

今回は白菜か~、ありがたいな。

 

ん、

 

結構デカいぞ。

 

手で持ってくか?結構重いぞ。どうする?

 

リュックの中にはデジタル一眼も入ってる。どうしよ。とりあえず入れてみるか・・・

 

普通に入っとるやないか!

 

白菜も入る。大容量リュック
▲高さ約30cm、太さ約9cmの白菜が入りました。
たくさん入るリュック
▲この中に白菜やカメラが。さすがにバッグも苦しそうなので臨時の時以外は重たいものをめいっぱい入れるのは控えます。

 

こういった臨時の際にも安心して持っていられるリュックです。

ドゥーマンの防水帆布横型リュック」よ、ありがとう。

投稿日:

防水帆布リュックの革附属をメンテして多少の雨でも大丈夫なリュックに仕上げる

雨仕様のバッグ

コナランスタッフのサクラダ(2)です。

いよいよ新しいバッグを使う時が来ました。

その新しいバッグというのがこちら「ドゥーマンの防水帆布横型リュック

防水帆布のリュック

以前から使っている「防水帆布と栃木レザー付属のリュック・縦」に相当の愛着があるので引き続きこちらもスーパーサブとして控えておきますがこれから使う新バッグにも期待大です。

 

さて、バッグにしろ靴にしろ新しいモノをデビューさせる時に天候が気になる私です。

なんとなく雨の日にはおろしたくないな~、といつも思います。

それはたとえバッグの生地が防水仕様だとしても、です。なんかちょっと心配ですよね。

ドゥーマンの防水帆布横型リュック」はメインの帆布生地自体は通常の何倍もの加工を経て仕上がった防水帆布生地です。

ただ、付属の革は防水加工はされておりません。

このあたりをお手入れしながら「多少の雨でも大丈夫なバッグ」を仕上げていきます。

 

革のメンテナンス

今回は防水スプレーではなく革のメンテナンスクリームをチョイス。

革用クリームを使ってこの「ドゥーマンの防水帆布横型リュック」をさらに雨仕様に仕上げてみました。

革部分を雨用に仕上げるといっても革クリームを塗るだけなのですがこういう作業ってついつい後回しにしたり、結局やらなかったりです(私の場合)。

しかし、今回クリームを塗ることが大事な大事な実験も兼ねていて楽しみなことになったので即実行。

苦行も視点を変えるだけで楽しみになるんですね。しみじみと実感。

その実験というのが革の一部分だけクリームを塗らない、つまりその部分だけこれからもメンテせずに、塗ったところとどう変化していくかを見ていこうというものです。

ものぐさな私がはたして定期的にメンテしていくのかどうかが最大の不安要素ですが。

革にも水に強くなってもらう

ふぅ~。

無事初回のメンテ終了。

ものぐさな割にやりはじめると真剣になって没頭してしまうんです。でもメンテすることによって新しいバッグと少し距離が縮まった感じがあります。さて明日はいよいよデビューですよ。

 

準備万端、いよいよ使い始めるぞという初日は雨!

願ったりな環境ですが内心少し複雑です。。。

雨は小雨でした。

基本車通勤ですが、保育園・幼稚園のお迎え時に小雨の中をあえて傘をささずに短い距離をトボトボと。

車に戻ってバッグを確認しましたが帆布生地は問題なく雨をはじいています。

革部分はというとこちらも問題なしでした。

 

ただ、革部分は水滴がずっと同じ位置にとどまっていると染み込んでいくので大きめの雨粒などは歩いている途中無意識にハンカチでこまめに拭いてしまった気がします。

薄い曇り空、雨粒薄いぞ、なにやってんの!

と怒られそうなので引き続き雨の日の実験を繰り返します。

 

せっかくなのでわかりやすい画を撮るためにも手元のペットボトルの水を撒いた画像を。

▲帆布生地にペットボトルの水をぶちまけてみた様子はこちらです。玉になって転げ落ちていきます。
▲左側は革用クリームを塗っていません。右側にクリームを塗っています。ちょっと時間をおいてサッと拭き取りましたがわずかな時間でもこれだけの差があります。

 

~使用した時の荷物もちょっとだけ紹介~

カメラも入ります

仕事柄カメラをいつも持ち出します。いつもは通勤バッグ+カメラバッグでしたが、嬉しいことにこのバッグはデジタル一眼一個くらいなら余裕で収納できて手持ちのカバンを一個削減!

また、内側ポケットは厚手のクッション付きでタブレットも安心して収納できました。

このあたりの機能面は使っていくうちにいろいろとわかると思いますのでまた機会があれば改めてレビューします。

今回ご紹介のバッグはこちら

→「ドゥーマンの防水帆布横型リュック

投稿日:

A4ジャストサイズの革製リュックを使ってみた

A4サイズ革製リュック

こんにちは。コナランスタッフのサクラダ(2)です。

今日は当店でも人気の「革製フラップリュック・A4サイズ」を実際に使ってみた感想をご紹介します。

このリュック、なんと言ってもドレープが特徴的。背負った時に出る表情がたまらないんです。新品の状態で撮影したこのリュックのページではあまり表現できていなかったのでスタッフが2年近く(月1~2回の使用頻度)使ったものでご紹介。今ちょうど革がエイジングしていく過程で撮影にはベストなタイミングなんではないかと思います。

革製品は使っていくといい味でますよ、といつも言ったり、はたまたいつも聞いたりしてますがそれは製品によって千差万別。
本製品は革のドレープ感も含めてこのリュックの持つ生き様みたいなのをご覧いただきたいです。

A4サイズ革製リュック

なんていい歳のとりかたをしているんだ、あなたって人は!

 

あるようでなかなかないと思いますよ、この表情。

いい感じに「クタッ」としてます。

新品時は少し硬いからなのかな~。ピンッとした感じで写ってます。この記事の写真のリュックは購入してから1年以上経つのでいい感じに仕上がってきてます。

A4サイズ革製リュック

A4ジャストサイズなので大きすぎず、普段使いにはちょうどいい大きさのリュックです。

革ハンドル

さてさて、表情だけではありませんよ。
付属の革のハンドルも良い。

最近のリュックには必ず手さげ用のハンドルが付いていると思いますがこの革ハンドル、大きさも十分で持ちやすく、手さげで持った時、しっかりしていて実に安定感がある。

荷物収納

荷物もある程度入りました。

A4ファイル、小物収納ポーチ、ノート、ペンケース、自分の財布、仕事用の財布、家の財布・・・。

普通はこんなに財布を持たないことを考えれば十分な収納力ではないでしょうか。

革の表情

さて、これらを収納してくれるうえにこの表情を見せてくれるわけですよ、背負ってる人のおしゃれの格を上げてくれる勢いです。

えっ、背負ってる僕、今ええ感じちゃうん?

と勘違いさせてくれます。

あ、あなたって人は!

 

 

だがしかし、もっともっと使っていろいろな発見をしたいのですがこのリュックはいかんせん我が家のジャイアンのものなので2日間使って終了!

1日目終わった段階で「まだ使うの?(ハヤクカエセヨ)」と言われたのであと1日だけ粘って終了。リュックは、リュックは返したくなんかないのにぃぃーーっ!!

言い訳無用待った無し。時間一杯です。

ということで私の感想も終了です。

もっと持ってもっと発見したかったですがとにかくあの表情は魅力的なリュックでした。

今回紹介のリュックはコチラ→「革製フラップリュック・A4サイズ

投稿日:

薄いマチのリュック。~スタッフ愛用バッグのレビュー~

薄マチリュック

こんにちは。コナランスタッフのサクラダ(2)です。

今日は私が愛用している薄マチリュックのいいところをご紹介いたします。

今回のバッグはコチラ
→「革と帆布のコンビリュック

見ためは薄めでスッキリなこのリュック

でもめちゃめちゃ薄くて荷物がほとんど入らないってことはないので安心してください。

長財布、スマホはもちろんその他の小物類やA4も十分に入ります。
薄めに見えるけど、底マチがあるのでスタイル重視+ある程度の収納の両方を実現させてるのですね。

底マチ
▲底マチはある程度あります。

 

薄マチリュック・自立
▲自立するリュック

 

~荷物入れて背負ってもスタイル維持します~

もともと自立(バッグを置いた時に手を添えなくてもバッグが立つこと)出来るバッグです。さらに中に荷物を入れてもそのスタイルを維持してくれて、中身を入れてお出かけするときもスタイルが崩れることなく、見ためは変わらずシュッとした(※)スタイルです。

※シュッとした・・・今風(の)、あか抜けた、研ぎ澄まされている、洗練された、スマートな、すっきりとした等の意味をもつ関西弁(weblio辞書から)

このリュック、はじめは私が購入したのですが気が付けば夫婦で共有となっています。

妻は「お前のモノは俺のモノ、俺のモノは俺のモノ」という性格の人なので抗う間もなくリュックは連れ去られていきますが、このリュックが人様のお役に立てるのなら、と心の中で思いながらリュックを送り出しています。

ちなみに妻はこのリュックを「おしゃれ要員」として必要としているみたいです。やぼったい私に持たれるよりもおしゃれに持ってもらえるのでリュックもさぞ喜んでいることでしょう。

私の場合はというとセミナーや講演会を聞きに行くとき、必要最低限の荷物とともに出かけて、出先でもらったA4資料やパンフレットを入れて帰る、くらいの荷物の時に使ってます。

さて、話は戻りましてリュックのいいところ。の続き。

 

薄マチリュック
▲月に1、2回使う頻度で5年が過ぎたリュック。

 

~オールシーズン使える革リュック~

パッとみてわかりますが背面は帆布です。しかも色が個性的なんです。
表面は全面革、なリュックですが背負った時に背面の黄色い帆布がチラチラ顔を見せてきます。
このチラ見せがまた良い・・・。このリュックを持って出かけるとたいがい周りの人から良い反応いただけますよ!

さらに背面帆布なので夏場も持てます。実質オールシーズン使える革リュックですね。

 

背面・帆布
▲背面生地とファスナーポケット

 

~背面ポケットと言っても人それぞれ~

薄いリュックでスッキリスタイルなのに背面ポケットまであるんです。
もちろん、ポケットに分厚いものを入れたらメインの収納が圧迫されちゃうのでここは薄いモノを入れるのがベストです。

パスケースとかがちょうどいいかもですね。
私は心配性なので雨が降った時にリュックが濡れるのが嫌で万一のためにここにカバンを覆う袋を忍ばせてます。

ただ、先ほど紹介した我が家のジャイアンはここにスマホを入れたいらしくて無情にも袋を取り出し、スマホを入れて持っていきます。濡れたらどうするの・・・という心配をよそに颯爽と出かけはりますよ、いつも。

あっ、もちろん出した袋の存在なんて忘れてますよ。戻すのは私です。

ちなみに買った当初はおっくうでやってなかったんですが、革製品には革クリーム塗ってメンテナンスするのがオススメです。
革にもよるので目立たないところでクリームを試してから「大丈夫」と確かめてから全面に塗っていただきたいですが、これをやってると多少の雨でも心配いらなくなります(これも製品によりけりです。一概には言えません)。是非メンテも含めて大切に使ってあげてください。

 

薄いリュック
▲月1,2回の頻度で5年。これからも薄く長く使っていきます。

はやいもので使い始めて5年を超えました。
デザインそのものがシンプルで流行に流されずに使えるというのも大きいかと思います。
まだまだ必要なシーンはたくさんあるのでこれからも活躍してくれると思います。

今回のバッグはコチラ
→「革と帆布のコンビリュック

投稿日:

パパでも持てるマザーズバッグ

こんにちは。コナランスタッフのサクラダ(2)です。

さて前回に続き私が使っている「防水帆布と栃木レザー付属のリュック」のレビューです。

今回は前回通勤バッグ編に続いてパパバッグ編。

 

現在我が家には3歳と6歳の2人の子どもがいてます。家族全員でのお出かけもあれば子どもらと私だけでのお出かけもありますがその両方ではだいたいこのリュックを持って出てます。

前回の記事でもレビューした通り、このリュックは収納力があって荷物も取り出しやすいので子どもたちの荷物も十分収納できるうえ出先で発生した荷物も詰め込んだりできます(出かける時の荷物にも寄ります)。

しかもリュックなので両手がフリー。
住んでるところが田舎なので基本は車移動ですが、移動中に突如沸き起こる子どもたちからの「今から公園連れてけ!」。
そういう日がだいたいいつごろにやってくるのか最近では予想できるようになったので、いや、そう仕掛けるようにしてますので、そういう日は予め最低限の荷物を準備して出かけます。

今くらいの季節だと普段の子どもらは上着なしで遊ばせて少し冷えてきたな~と思えば上着を着せてあげてるのですが、2人分の上着もこのリュックなら入れておけます。

さらに下の子のオムツセットも余裕で入りますよ。さらにさらに背面ポケットがお出かけ用のハンカチの収納に便利。2人の子どもと公園のお出かけならまったく問題なしですよお父さん!

収納
▲子ども二人の上着と自分の財布、そして家の財布、そしてメンドクサがりの私は通勤で使ってる名刺入れ等も入れ替えずにそのままだったりします。
オムツ収納のパパリュック
▲先ほどの荷物の上に下の子用のオムツケースを入れて完成です。
涙を拭いて
▲背面ポケット。うちの子(3歳・男)は泣くと「涙を拭いて・・・」というんです。そんな時、リュックのポケットからサッと無言で手渡してあげます。

 

でも、たくさん入って両手フリーのバッグ、そういったリュックならたくさんあると思います。
そんな中でこのリュックの何が気に入ってるかと言いますとやはり雰囲気ですかね。いいバッグ持ってますやろ?的な。

ママバッグ時代から数えるとこのリュックはそろそろ3年モノになりますが今、付属の革(栃木レザー)がいい感じなんです。
複数年使い続けていい具合に年を重ねていくバッグ。見ていて愛着もわきますし、新品の状態とは違った表情を楽しんでます。

子どもを抱っこすると毎回のように革ベルトを引っかかれるのもお決まりなんですけど、その傷もいつしか自然に馴染み自然なかたちでリュックに刻まれます。

栃木レザー
▲いい歳の取り方をしている我が家の栃木レザーさん

 

帆布生地は3年も使うと汚れが目立ってきました。この汚れは性格的なものか?とも思いますが、子どもに靴で踏まれ、落書きされ、お菓子を食べたベタベタの手で引っ張られ・・・等の細かい積み重ねもあり今にいたります。性格上、ざっくりした使い方をするのでそれがさらに汚れを加速させてるんですね。

帆布生地
▲子どもに蹴られた跡

リュックを背負ってるのを忘れるんですよ、たまに。そのことで知らないうちに汚れた箇所にぶつかったりして、後で見てガックリ肩を落とすことが何回もありました。たぶん、キチンと使えばそんなに汚れないような気がします。

普段の生活を丁寧にできるようになりたい・・・。

それでもそんな細かい汚れや革のエイジングも含めて気に入っています。いい素材のものを長くじっくり使っていく、
“そうそうそう、私ナチュラル派ですねん”というアピールもかねて。これからバッグにどんどん年季が入っても堂々と使い倒しますよ!

今回の記事のバッグはこちら→「防水帆布と栃木レザー付属のリュック