投稿日:

2018年は蠍座の当たり年…らしい

新幹線に乗って、水が張られたばかりの田んぼを眺めて、遠くの山々を望んで、移りゆく街並みを目で追って。それだけで楽しくて気分が晴々する。

ここ数日塞ぎ込んでいた気分もやんわりと上昇してきた。

まだ見ぬものに怯えたり、始まってないから未来が見えなくて不安になったり。

それでも時間は確実に過ぎていてやらなければいけない使命が次から次へとやってくる。

ひとつひとつ、確実にこなす。

与えられたミッションを完璧じゃなくていいからやり遂げる。

やる、しかないのよ。

それ、しかないのよ。

不安を取り除くには進まないといけない。

逃げられない。逃げない。

結果は終われば出るだろう。

数ヶ月先の終わりを考えてこの時にはどうなっているだろうと考えてみる。

きっとムダだ。

誰かの期待がある。君なら大丈夫だよ、と背中を押される。

期待に応えたい、という思いはない。

じゃあなんだろう。

今やらないといけないことがそれ、だから、やる。ただそれだけ。

ひょんな事からこんな事になって、不思議だけど、そこに至るまでにはちゃんと道があって、チャンスを与えていただいた。

こんなチャンス滅多にないよ。

まだ、不思議でならない。

2018年はさそり座にとって12年に一度の当たり年らしい。

まさしくソレ!

何かが変わろうとしてる。

自分が望んでいることなのか

周りが望んでいることなのか

大きな渦の中に突然投げ込まれたかのような気持ちでついて行けなくて戸惑って

変わろうとしている自分を受け入れられないのか受け止めきれないのか

自分が変わりたい!と望んだわけではないから二の足を踏んでいるのか

変わらざるを得ない状況

急にやってきて動揺

奥さんランチ行こうよう

とりあえず、新しく買った麦わらのベレー帽がなんだかうまく被れなくて1日被っていてもいいんだろうかと悩んでいる。

それが直近の一番の悩み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です