投稿日:

小説「アルケミスト」を読んでの感想。

「アルケミスト~夢を旅した少年~」という本を読みました。

全世界でベストセラーになっているという小説ですが読み終えてからその事を知りました。

羊飼いの少年サンチャゴがアンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出て、そこに彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて旅をするお話です。

読み始めはあまり面白いとは思わなかったのですが、だんだん中盤ぐらいから面白くて本にかじりついて一気に読んでしまいました。

ちょっと哲学的で抽象的で頭で理解するのは難しくて同じ文章を何回も繰り返して読んだりする場面もありました。たぶん、頭で読んじゃいけない、心で読む本なんだなと。

心でその文章を理解してみようと思うとすんなりできるんです。「あぁきっとそういうことか」

常日頃思っているような疑問を文章で、物語で表現するとああいう難しい表現になるのかなぁ。だからものすごく説明的で文章的で難しく感じたのかな。

「心に耳を傾ける」という言葉が頻繁に出てきました。私はある時から心にそう決めて生きています。ですから心からのメッセージ、本当に思っていること、正直な気持ち、を大事にして毎日を過ごしています。

怒る時は怒る!泣きたいときは泣く。楽しい時はたくさん笑う!嬉しい時は幸せを感じる。そうやって常にその瞬間、瞬間の感情は「その時」に出すようにしています。めったに感情を溜めることはありません。だって苦しいから。自分を傷つけるだけだから。

子どもは常に感情を出します。ちょっとでも感情を溜めこんだりしません。嫌なら「イヤ!」楽しかったら笑う。眠たかったら眠る。お腹が空いたら食べる。…大人になるにつれ、社会に出るようになるにつれそれは出来なくなる。親のしつけ、学校のルール、会社のルール。世間の目。だから感情を抑えるようになる。

いつからか私もそうなっていたのかもしれません。でもどん底に落ち込んだ時、心から出てきたのは「心に正直に生きる」でした。やっぱりピンチの時は心がメッセージをくれるんですね。そこで気づいたこと、今の人生に繋がっているんでしょうね。

心を開放すると、今まで見えなかった物が見えてきました。綺麗な蝶々、木の木漏れ日、植物、青い空…すぐそばにあるようなものが目に入ってきたんです。すぐそこに素敵なものがあるのに見えてなかったんです。

何が言いたいのだろう…。だから私は「アルケミスト」を読んで素晴らしいとは思いましたが、既に知っていることをまた改めて難しい文章で教えてくれてた本。っていう感じでしょうか。確かに言葉では言い表すのは難しい「ことば」や「気持ち」を物語にした素晴らしい物語だと思います。要はなんでしょ、「心に嘘をつくな」、「心からの声を聞け」というメッセージが込められている本なのかなーと思いました。

投稿日:

かしはらふれあいゼミナールにコナランも参加します

2017年9月1日(金)~10月31日(火)に開催される、橿原商工会議所が主催する「かしはらふれあいゼミナール」にコナランも参加することになりました!

「かしはらふれあいゼミナール」は、橿原市のお店の人が講師となり、専門知識やプロならではのコツを伝える少人数のゼミナールを無料で開催するミニ講座です。※材料費のみ実費

コナランは鞄屋ですが、鞄の講座ではなく「水彩毛筆で仏様を描こう!」という講座を開きます。内容は、奈良・仏像好きの講師がハガキに描く仏画をレクチャーする。というものです。

お申し込みの受付は8月28日(月)から開始します。コナランの受付時間は15時~16時になります。

「かしはらふれあいゼミナール」のチラシは8月25日(金)に橿原市とその周辺地域のお宅に新聞折り込みとして配布されます。

HPもありますが、8月31日に開設予定ということです。

特設ページ http://kashihara-cci.or.jp/fureai

FBページ @kashiharafureai

開催は9月27日(水)15時~16時です。定員は4名様。時間に限りがありますのでほんのさわりしかお教えできないかもしれません。こうした講座や何かを人に教える経験というものが全くないので自分でもどんな講座になるかわかりませんが参加された方たちと楽しい時間を過ごせたら良いなと思っております。

一応、絵を描く仕事を生業としてきましたが、仏画は本当に趣味で描いていて、どこぞのお師匠はんについていたとかそういうのではありません。ただの趣味です。描いたものはたまにSNS等で発信させてもらっています。

↑興福寺阿修羅像と円成寺大日如来坐像です。

↑安倍文殊院善財童子と中宮寺弥勒菩薩半跏思惟像です。

↑子どもと仏像をテーマにした仏画も描いたりしています。

ご興味のある方はぜひご連絡くださいませ~。

投稿日:

コナランのママリュック 背面ポケットに保冷剤が入ります

この頃、朝の時間帯が涼しくなってきたり、空が高くなってきたり、日没が早まってきたり…秋の気配を感じるようになってきましたね。

でも暑い!暑いー!!こんな暑さで自転車を漕ぐなんて修行どころか苦行です!そうです、子ども乗せ自転車feat.NO電動なんて地獄の暑さです(言い過ぎ?)特にリュックの背の当たる部分の蒸れ感なんて、もう。何て言ったらいいのやら…

そこで「conaranのママリュック」のある機能について注目です!

じゃーん!背面ポケット~(ドラえもん風に)。この背面ポケットになんと、保冷剤を入れることが出来るんです!!なんて優れた機能なんでしょっ!

私は袋状のタオルの中に保冷剤を二つほど入れていますが、普通にハンカチに保冷剤を包んだものを背面ポケットに入れても大丈夫です。保冷剤を何にも包まずにポケットに入れるのもありですが、水滴が出てきてリュックがちょっと濡れてしまうのが気になる方はこの方法をオススメします♪

あとしばらく暑い日々が続きますが、こんな風にちょっと工夫して自転車ライフを乗り切りたいですね。がんばろー!おー!

 

投稿日:

NAOTのオルガを買いました!

ついに…念願だったNAOTオルガを買ってしまいました…!!

色は「Buffalo Leather」赤みがかったこげ茶色です。

初めてNAOTのお店に行った時に、初めてオススメしてもらった靴、それがオルガでした。その時からずっとオルガの事が気になっていて、オルガ…どうしているかな、あいつ今何してるかな…なんて頭から離れなかったオルガ。ついに、私の元にお嫁に来ちゃいました!

可愛いオルガ、どんな格好に合わせよう?どんな鞄と合わせると引き立つかな…。と考えてはウキウキ。履いてみてはドキドキ。たった一つの靴でどうしてこんなにときめくんだろう。オシャレのパワーってすごい。

ちょっとストラップの仕様が変わったので紹介しておきますね!(私はNAOTの関係者ではありません。ただのファンです(笑))

このように便利なホック式になったので履きやすさがグンとアップしましたね。

もちろん、甲周りに合わせてバックルベルトで締め具合も微調整できます。

念願だったオルガちゃん♡どんな服に合わせよう♪

次回はこのオルガとコナランの鞄を合わせたコーデ特集のブログを書かせてもらいますね!

以前のNAOTの記事はこちら↓

「ついにNAOTの靴購入!」

「NAOTのサボその後」

投稿日:

奈良 西大寺展に行ってきました!inあべのハルカス美術館

7月29日(土)~9月24日(日)までの間、大阪のあべのハルカス美術館で開催されている「奈良 西大寺展~叡尊と一門の名宝~」を観に行ってきました。

創建1250年を記念されて開かれているビッグな展覧会ですが、当初はあまり興味がわかず行く予定も立てていなかったのです。がしかし、イベントのトークショーでみうらじゅん氏やいとうせいこう氏がやってきた様子や仏友さん達がこぞって行かれているのをSNSを通して目にし、「これは見ないとまずい展覧会じゃないのかっ?!」と自分の中で急浮上してきた展覧会でした。

そこからは早かった。早速展覧会について調べ、まだ一度も拝見したことのない浄瑠璃寺の「吉祥天立像」が8月6日までの展示だということ!文殊菩薩のなりきり写真が撮れるということ!(これはかなり重要)。なにせ昔から「顔はめパネル」等の類は見て見ぬふりは出来ない性質で人目が気になるくせにやりたがる性質なのだ。これは絶対に行かないとヤバい…マジで後悔する。

そして当日、10時前にハルカスに着き、ドキドキソワソワ。初めて吉祥天様にお会いできるワクワク感と、ちゃんと文殊菩薩になりきれるのかという不安感を抱きながら展示会場にin。

最初にお迎えしてくれたのは「称徳天皇像」の掛軸。江戸時代の物だけれど綺麗な彩色も残っていて朱色と緑色の対比が印象的でした。

次に「塔本四仏坐像」。奈良時代に制作された四体の如来様。「阿閦如来」「宝生如来」「阿弥陀如来」「釈迦如来」と大阪展では四体全て展示されていましたが、展示の名前を見ないとどれがどれなんだかさっぱりわかりません。

そして西大寺の復興に尽力された叡尊上人の「興正菩薩坐像」。何体かありましたがどれも眉毛が特徴的でわざわざ立体的に垂れ下がって造られていました。きっとご本人の眉毛はフサフサだったんだろうな~と想像してみたり。そして西大寺の「毘沙門天立像」。展示では戟(げき)の末端部分が邪鬼の口の中に入っていてびっくりしたんですが、図録では邪鬼の手元に収まっていました。

そして白毫寺の「菩薩坐像」。控えめなピースがなんだか可愛らしい印象でした。次に宝山寺の「制吒迦童子立像」。ギロッと横目を向いた表情がなんともふてぶてしくて、ポーズもユーモラスで面白い。

「五大明王像」のどなかたなんですが(どれがどれだかわからない)、邪鬼ではなく普通の民衆っぽい方を二人踏んでおられました。そして岩船寺の「普賢菩薩騎象像」の象。なんで象の目はエロ目なんだろう…。いつか見た普賢菩薩騎象像の象も確かエロ目だった気がする…。皆象の事をあまりよく知らなかったのかな。絶対こんなエロ目なんかしてないのに…

そしてそしてずっとお会いしたかった浄瑠璃寺の「吉祥天立像」!初めて生で拝見しました。その美しいお姿にハーっとため息が。真正面を向いているのかと思いきや、少しだけ、ほんの少しだけ左に腰をひねっていらっしゃる。ぐるーっと一回り、まじまじとそのお姿を見て、装飾のきらびやかさ、纏っておられる衣装の細かさに釘付けになりました。さすが美の神様。

今回の「西大寺展」、行ってみて大正解でした。なんで行こうと思っていなかったのか自分自身が不思議でなりません。行って良かった。ほんと良かった。素敵な仏様を久しぶりに拝見することができて、心が癒され、またがんばろうという力も湧いてくるようでした。

私にとって「仏像」とはまだまだ未知でわからないことだらけで本当に素人過ぎて日々勉強の途中ですが、そのものを見て、感じて受け取る感動は計り知れません。いつからこんなに仏像の事が好きになったのか自分でもよくわかりませんが、仏像を造ろうと思った人々の想い、それを造り上げた仏師たちの想い。そういうことを知れば知るほど「仏像」というものにただただ魅かれるのです。

長々と失礼しましたが、要はそういうことですね。「好きだから好き」理屈なんてものはありません!

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

投稿日:

夏祭りにぴったり♪浴衣に合うバッグ

こんにちは~昨日の夜は地元の夏祭りでした。

子ども達に浴衣と甚平を着せ、自分も浴衣に着替え、「万葉人のポシェット」を合わせました。

翡翠色のグリーンが綺麗なバッグなので、紫の浴衣と合わせて寒色系でまとめてみました。

斜め掛けのバッグなので両手も自由になるので盆踊りを踊るのにもぴったり!盆踊り大好きな私にもぴったりです☆

そして盆踊りを踊る気満々でしたが、なんと今年は中止。なんでー??!!

盆踊りの無い地元の夏祭りなんて、祭りなんかじゃぁない!盆を踊ってこそご先祖様の供養になるのでは?!

と、残念な気持ちでいっぱいでしたが、なんとか「金麦」で気持ちを切り替え、子ども達と焼きそばを食べたりみたらし団子を食べたりして盆踊りの無い夏祭りを満喫しました。

来年こそは盆踊り、復活して欲しいぞ!!

 

投稿日:

Amazon Payをご利用いただけます!

今日は娘の通う幼稚園で人権のお話しがありました。保護者を対象としたお話しでしたが思っていたより参加人数が少なくて別に出なくて良かったのかな…なんて思いつつ、講義が始まりました。

“人権”というテーマだったのでなんだか固くてつまらない話かなーと思いきや、お話をしてくださる先生の口調や話しが面白く、すぐに話に引き込まれました。

内容は子どもとの接し方、というか見方を変える、自分自身の意識を違う方向に持っていくのが大事であり、それを見つめ、確認することが重要、というようなお話でした。

普段、子どもの生活態度の悪いところばかりが目について怒ってばかりの自分。何故なら悪いところしか見ていないから。ずっとその調子だとそれしか目に入らなくなって同じことばかりで怒ってしまう。それを解消するには…?!

その逆、良いところを見るようにする!例えば今日はちゃんと一人で手を洗えたな、とか、弟にちょっかい出していないとか、おもちゃをお片付けできたとか…それらを当たり前な事として見過ごさないで“良いところ”として見てあげる。そしてちゃんと褒めてあげる。

普段から子どもの良いところを3つぐらいすぐに言えるようにしておく!うちは、かなり発想がクリエイティブで絵が上手で家族がしんどい時に励ましのお手紙を書いてくれること!そんな感じ。

子どもが話しかけてきた時、こちらがイライラしていなくて余裕があれば子どもの話にきちんと耳を傾けて、「え~っ」や「ほんまに~!」や「そうなんや!」や「なるほど~」とちゃんと感情を込めて大げさに相槌をしてあげる。すると子どもはちゃんと関心を持ってくれているんだと安心する。時には「ごめんね」と素直に子どもに謝ることも大事。そうすることで子どももちゃんと「ごめんね」が言えるようになる。

そして「ありがとう」という言葉。言う方も言われた方も幸せになる魔法の言葉。「ありがとう」を家族で言い合えばハッピーがお互いに伝わっていき、心地よい空気になる。

というようなお話を面白い口調で話される先生が面白く、終始笑いの絶えない講義でした。

話の中盤ではドラえもんの「のび太の結婚前夜」のしずかちゃんとお父さんの珠玉の会話のお話をしてくださり、私は思わず涙を流してしまいました。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、アノ名台詞です。「のび太の結婚前夜」でググっていただければ出てきますw

かたーいお話だと思ったらとんでもなく為になるお話しで、しかも先生も面白くてあっという間の1時間でした。今日教えていただいたことを胸に日々を過ごしたい。まずは実践です!子どもの良いところ探しです!そして笑顔です!そしてありがとう!子どもに大好きだよ、というメッセージを送りましょう!

あっタイトルにもあるようにコナランではAmazon Payをご利用いただけるようになりました!ぜひご活用ください!

 

投稿日:

白ヌメ革の経年変化が楽しめるリュック♪

皆様、梅雨真っ盛り。いかがお過ごしでしょうか~

私は雨の降る中、雨合羽を着て幼稚園に子どもを送って参りました。もちろん子ども達にも雨合羽を着せて自転車に乗せたのですが、前に座っている息子がガンガンに雨粒を受けていてなんか可哀そうやら申し訳ないやら…

でもね、よく考えてみてください!私らが子どもの頃は皆雨合羽で普通に自転車に乗せられて登園していたわけですよ。今はなんですか、アレ。なんか子ども乗せ自転車の子どもイス用に雨よけカバーなんたるものがあるではありませんか!!ちょっとね近頃の子ども達は過保護にされ過ぎですよ!とかなんとか言ってますが、本当は欲しいんです!「雨よけカバー」。

昔がどうのこうの言ったって今は画期的で革命的なモノが発明されているんだからそれを使わな損!ってわけですよ。

だからね、ホント欲しいなーと思っているんです「雨よけカバー」。過保護だ、いい身分だとか言わないで、ただ昔は無かっただけ。今はある。いい時代じゃないですか!考えてくれた人、それを商品化した人、ありがとうございます。いずれ買いたいと思います。よろしくお願いします。

というわけで前置き長すぎー!本題です。

コナランにはたくさんの種類のリュックがございますが、白ヌメ革の経年変化が楽しめるリュックをご紹介したいと思います。

「白ヌメ革附属の帆布リュック・小」本体はしっかりした厚みの6号帆布、革付属は使えば使うほど味がでて良い色に変化していく白ヌメ革を使っています。

カーキのお色は残りが一点しかないのですがこちらは製造元さんにも在庫が無く、今後の製造も未定となっている商品です。

最後の一つ(写真のもの)が少し経年変化をしていますが難なく使えるリュックです。気になる方はこちらからどうぞ!

投稿日:

鞄撮影してきました!

だんだん梅雨っぽい気配になってきましたね~

このぐらいの時期になるとアレが流行りますよね!アレ。そう、「感染性胃腸炎」。ガビーン

うちの娘(5歳)も幼稚園でもらってきたのかなんなのか、見事に感染して熱と上から下からのフルコースでした。

見ているこちらがつらくなるぐらいしんどそうで、代わってあげたい(ちょっとうつりました 汗)ぐらいでした。

ようやく完治したと思ったら次は息子が…。あるあるですね。でも彼は下から数回とちょっとの熱で治まったので二回目はウイルスも若干弱まるのかな…?

そんなさ中に鞄撮影があったもんだからてんやわんやのすったもんだ。でした~(笑)

毎回朝の早い時間帯での撮影が多かったのですが、今回は初の午後撮影。どうなるものかな~と思いましたがそこはやはりカメラマンの腕が素晴らしい!どんな光でも綺麗な写真になるんですね~さすがです!

毎回お願いしているモデルさんも可愛い表情やポーズを難なく繰り広げてくれて二人の息のピッタリさにただ、すごいな~と思うばかりでした。

今回も素敵な写真がてんこ盛り!もう選ぶのが本当に大変なのです!

このアンニュイな表情すごくいいですよね。好きです。「パラフィン帆布のリュック」

なにか女性旅雑誌に出てきそうな雰囲気の写真。いいです。「防水帆布の2WAYトートリュック」

モデルさんの自然な笑顔に胸がキュン。「たくさん入るおしゃれな帆布リュック 」

言うまでもなく素敵な写真です。「2WAY口折れ帆布ショルダーバッグ」

今回はこんな素敵なオフショットまで。

いや~ほんと毎度思いますが撮影は本当に楽しい!皆の良いものを作りたい、撮りたい、という思いが伝わってくる仕事です。こんな楽しい仕事をさせてもらって有難いです。感謝です。

また次回も気合を入れて鞄撮影に臨みたいと思います!

投稿日:

梅雨の時期でも安心♪なリュック

梅雨入りしましたね~あ、れ!?雨降ってなくない???

こちら奈良は梅雨入りを宣言されてからめっちゃ晴れてるし乾燥注意報まで出ていますよ!

抜けるような空も気持ちよく、お散歩に出かけたい気分になるお天気♪

“梅雨”だなんて、何かの間違いなのでは?!でも気象庁が正式に発表している訳だし、きっと高気圧とか低気圧とか梅雨前線とかなんとか気流とかそういうのをひっくるめて梅雨入りですよと教えてくれたんですよね。疑っちゃ悪いです。信じましょう。

そして!そんな梅雨時期の味方!水に強いパラフィン帆布を使ったリュックのご紹介です~

「パラフィン帆布のリュック」

大きめの作りで本体に黒の帆布、ベルト部分やファスナーの持ち手に革をあしらっているのでカジュアルだけどキチンと感もあります。

どんな服装にもマッチする黒ですが、ただの黒いリュックだと何か違う、という方やナチュラルな雰囲気がお好きな方にピッタリのリュックです。