投稿日:

専門学校時代の同窓会に行って来ました。

前乗りで東京へやってきた。20日ぶりの東京(笑)

月に2回も関東へ帰ることは珍しい。
月に2回も親に会えることは大変有り難い。

お金は厳しかったけど、なんとか資金をかき集めて東京行きの切符を手に入れた。なんといってもお世話になった先生方、大好きな友人達に会える機会はそうないから絶対に行きたかった。

夫も快くオッケーをくれ、子ども二人を夫と夫の実家に預け、私は悠々と新幹線に乗り東京へやってきた。

ただ、東京に行くだけではもったいないし申し訳ない。なのでオシャレスポット表参道に足を運び、リサーチして何がトレンドだろう、オシャレな人は何を着ているかなど見回してきた。

もちろん、趣味も忘れてはいない…仁和寺展!これがあるから余計に行きたかった!!こんな絶好の機会、偶然はないよねっ

仁和寺展はまた後日感想を書くとして、今回は同窓会のお話し。

今回はプチ同窓会ということで私の代とその一つ下の代、先生方で計10人ぐらいのこじんまりした会だった。

仲の良い友人とは同窓会が始まる1時間前にファミレスで落ち合い、たわいもない話しで盛り上がった。なんでこんなに楽しいんだろう。本当にその友人達との一緒の空間が居心地が良くて、気を許せて、しょーもない話しもできて、ゲラゲラ笑える。自分が奈良に越してから地元の友人の存在の有難さをしみじみ感じる。もう、宝物以外の何物でもない。面と向かって「あなた方は私の宝物です!」なんて恥ずかしいし、照れて泣きそうだからそんなことはあえて言わないけど、たぶん死ぬまでずっと友達でずっと大好きな人たち。

そんな友人達と過ごした専門時代は青春でこれまた宝物。とにかく楽しい思い出しかない。楽しすぎて卒業したくなかった。この子らと毎日会えなくなるなんて考えられない。生きていけない、ぐらいに思ってた。それでも別れはやってくる。そりゃ毎日は会えないけど社会人になってからも毎週の様に飲みに行ったり、カラオケに行ったりしていた。

そんな大好きな人たちは私が奈良にいても離れていてもいつも気にかけてくれている。

楽しい時、辛い時、共に過ごした仲間。
悲しい時励ましてそばにいてくれた人。

友人ってすごいなぁ。
宝物以外の何物でもないわぁ

ちょっと話しが逸れた!

同窓会に戻る。
お世話になった先生方は変わらず私達の先生だった。専門時代も先生との距離が近かったから皆仲が良かった。今は校長先生や教頭先生になっている(!)すごい。

今の仕事のことや趣味のこと、いろいろ聞いてもらってアドバイスをもらえた。やっぱり先生は先生だ。生徒は何年経っても生徒なんだな。

今後のやりたい事のビジョンが明確になった。
先生の言葉は背中を押してくれる。

先生が言うなら大丈夫だろう。
先生が言うならやってみよう!そんな風に裏付けがある訳じゃないけど、なんだか自信が湧いてくる。自分を信じてみようと思える。

先生は生徒のやる気を引き出すツボを心得ているんですね。だから先生なんですね。

約二時間のプチ同窓会。あっという間に帰る時間になってしまった。私はこれから新幹線に乗って奈良に帰らなければならない。また友ともお別れ。

笑顔で手を振るよ、泣けてしまうから。

また数ヶ月後に会えるから!寂しくはないよ。

と、泣きながらブログを書いている始末。

帰りも富士山見えるかな。

投稿日:

コナランのモデルさんの写真展「そらぴなんて知りま展」を終えて。

心地よい空間、笑い声、それは笑顔のたえない写真展だった。

「そらぴなんて知りま展」たぶん、それは夢の一部。思い出すとなんだか切ない気持ちになって、最後のあいさつで泣いていたあの子を思い出す。

会期中6日間、1日も休まずに立ち続けたあの子。
最後の最後まで笑顔を忘れなかったあの子。

若いのに、すごいなぁ。私はたぶん、彼女を尊敬している。いや、たぶんじゃない。

芯が通っていて、物事の道理がわかっていて、何より、人の事を思うことができる人。

ユーモアがあって、可愛くて、無邪気で。

外見も魅力的なのに中身も素敵な人っているようでいない。

彼女の、そらぴ展を終えてのコメントを読んで胸が熱くなった。

コナランというお店を通じて彼女と出会えて良かった。初めて会った時から好きになってしまったのにはきっと理由がある。その表情の中には内に秘めたるもの、決心や思い、それが彼女から、また写真を通して私の心にささったのだ。きっと。

可愛いだけじゃないそらぴ、大好きです。

これからもよろしくお願いします。

投稿日:

コナランのモデルさん「そらぴなんて知りま展」が始まりました。

写真展…たぶんこの人生の中で一度も行ったことのない展覧会。たぶんね。

そんな縁の無かった写真展。この度、コナランのモデルさんをしてくれているそらぴこと、栗原そらさんの写真展をするということでお声がけをいただき、その写真展にコナランも協賛社として参加することになりました。

ブースも提供してもらえることになりどんな物を置こう!とかレイアウトどうしよう!とか普段とは違う仕事が舞い込んできたことにドキドキワクワクしながら写真展に思いを馳せていました。

とりあえず鞄屋だからオリジナルの鞄を置いて、POPを置いて…それだけじゃつまらないよな〜と、思いついたのがアルバム!

今までカメラマンさんに撮ってきてもらった数々のコナランとそらぴの写真。お気に入りの、珠玉の写真をセレクトし、それをスクラップしよう!

もう思いついたら止まらない。昔からスクラップブッキングが好きで無駄に集めたマスキングテープやらシールやらレーステープやらスタンプやら紙ものやら…とにかくたくさんある。

準備は整った。ここからは己のセンスと道具との勝負だ。道具に頼りすぎるな!自分を信じろ!もっとこの道具の可能性はないか?!

いつもそうだけど、作る前は気負ってしまってうまく出来るかな?と不安になる。そんなん、ノンノン!やらないと始まらない!手を動かせば勝手にアイデアが浮かんでくる!考えるより、行動。ほんとそのまんまだと思う。

手を動かすことによって脳が活性化される。のか。

しかも朝起きてから早朝の時間帯に作業した方がかなりクリエイティブだった。朝の手先、脳はたぶん頭が空っぽなのか、夢を見て覚めて、脳が整頓されているのか一番作業効率が良かった。

そんなコナランとそらぴのアルバム、そらぴ展に置いてあるので興味のある方はぜひご覧ください!蛇腹式のアルバム両面にそらぴがいるのでぜひ手に持って見てみてください。

コナランのブースはこんな感じです。

写ってはいませんが、隣の螺旋階段にはコナランのママリュックと万葉人のポシェットを展示していますので、ぜひお手に取って、中身を見たり、実際に背負ったりして感触をお確かめください。

コナランスタッフは初日に在廊させてもらいました。最終日12日も在廊予定です。鞄などについてなにか気になる点がございましたらぜひ気軽に話しかけてください。こんな感じの人です↓

そらぴとツーショットを撮れて幸せ♡あっお待ちしてます。

10名のカメラマンさんが撮るそれぞれのそらぴ。可愛いそらぴ、大人っぽいそらぴ、素のままのそらぴ。一人一人の視点や雰囲気の違いを楽しめる写真展です。

共通しているのはその、そらぴへの愛。

人を惹きつけるキュートなお顔立ち、礼儀正しくて誠実な人柄、さすが大阪育ち、ボケもツッコミもお手の物、そんな魅力いっぱいのそらぴ。私も大好きなんです。

ぜひ写真展にお越しください!

そらぴなんて知りま展

会場
イロリムラ [89]画廊α

〒530-0016
大阪市北区中崎1丁目4番15号
地下鉄谷町線中崎町駅 1番出口より徒歩2分

日時
2018年2月7日(水)から2月12日(月・祝)まで
open12:00 ~ close20:00
最終日は18:00まで

投稿日:

ギフトショー春2018に行って来ての個人的な感想

朝の4時半に目が覚め、(正確に言うと3時半に起きてしまい布団の中でゴロゴロしていた)洗濯や準備をして、6時に家を出発した。

まだ外は真っ暗。6時ってこんなに暗いんだーと思いながらママチャリを爆走させる(もちろん子どもは乗ってません)

駅も人はまばら。京都行きの急行でも普通に座れる。

だんだんと明けてくる空。
濃い群青が薄い青に変わっていく。そんな景色を眺めているだけで幸せを感じる。

京都に差し掛かった途端、雪の跡が。急に寒くなる。窓も曇る。奈良より京都の方が寒いんやなーなんてひとり心の中で呟いて楽しむ。

ひとりで、しかも電車に乗ることもあんまりないから揺られながら、外の景色を見ながら今日のことを考えるだけで楽しい。

新幹線に乗り込む!富士山側の窓の席はマスト!
座れた!ラッキー☆

運良く笠雲の富士山を拝むことができた。
なんだか幸運の兆し?!(たぶん関係ない)なんて考えながらひとりニヤける。

品川→大崎→国際展示場へ

約10年ぶりのビッグサイトに到着。やっぱりそのデッカい存在感に圧倒される。なんか怖いんだよね〜

ギフトショーの会場に入り、とりあえず気になったブースから周る。

どこのブースも手が込んでいて、設営大変だったろうなーご苦労さま、と勝手に労いの言葉を呟く。

ナチュラル系の雑貨、紙モノ、刺繍のブローチ、帽子、バッグ、伝統工芸を現代風にアレンジしたもの、とにかく気になるものが多過ぎて全てを見るには体力と根性がいる。
10年前とは違い、もう若くはないので開始30分ぐらいでもうヘロヘロ。疲労からかお気に入りのボールペンを落として無くしてしまう始末。

それでも頑張って約4時間かけてだいたいのブースを見終わった。

私なりに思ったことは、大企業より小規模の会社の商品やセンスの方が個性的でとんがっているなということ。生意気にすいません 汗

よく聞く話しだけど、個人のセンスが問われる時代なのかなーとギフトショーを偵察して思った。

個人の思いやセンスが詰まった商品は万人受けはしないけれど、それが好きな人にはグッとささる。
逆に大衆向けに作られた商品は無難でどこか垢抜けない。

今はミンネやクリーマといった個人作家さんが自由に自分の作品を色んな人に見てもらって買ってもらうような仕組みが定着していて、それが当たり前になっているから、お客さんもいろんな作品を見て、自分に合ったものを買える時代になった。

個人対個人の時代。自分が好きなものを作って、それが好きな人が買う時代。

好みを共有して、グループになって楽しみを共有する時代。

やっぱりよく聞く〝共感〟の時代なのかな。

誰かの心に響くものを自分のセンスを持って届ける。それが欲しかった!と待っていた人に届ける。
そんな商品作りが大切なのかなって今ブログを書きながら思った。

今回思った事をまとめるとこんな感じだろうか。

伝統→革新
デコラティブ→シンプル
科学的(ケミカル)→自然、天然(ナチュラル)
都会的→地方、温かみ
企業→個人のセンス、独自性
万人受け→個人受け

今の時代、何か人は優しさや心の安らぎを求め、原点に戻っていくような…そういうものを求めているのかな。自分を取り戻す、自分の楽しみや好きをわかる人と共有して自分を確立する。

要は自分!自分の感情が大事!

だから個人が一人に向けて作る!一人に向けて作ったものにはそれが好きな人が集まる。

好きなものを好きな人に作る時代!

なんかエラそうだけどたぶんまとまった!

投稿日:

伊賀は忍者だけじゃない!ピザだって、ツリーハウスだって

伊賀。伊賀といえば忍者。忍者といえば手裏剣。手裏剣といえば危ない。危ないといえば刃物。刃物といえばキッチン。キッチンといえば料理。料理といえばピザ!

フー、繋がった。

そう、つい最近滋賀の甲賀と伊賀上野ドライブインに行ったところですが、またもや伊賀に行ってきました。

目的はピッツァ!ピザ。その名も「イガピザ」

お世話になっている師匠?からオススメしてもらった森の中のピザ屋さん。

なんでもそこには崖の上にツリーハウスがあってお店の主人に登らされるという…

むしろ登りたい!そんな意気込みで「イガピザ」さんに行ってきました。

ステキな店構え。

森と里の自然豊かな場所に「イガピザ」さんはありました。

伊賀産の米粉の生地で作られたモッチモチのピザ!美味しい!なんと!肝心のピザを撮り忘れました 汗

だいたいいつも食欲の方が勝って撮り忘れるのです…

その後は子ども達と森の中にあるハンモックなどで遊びました。子どもってこういうの大好きですよね。本当は私もやりたかった。

都会に住んでいるわけではありませんが、自然がすぐ隣にあるわけでもない場所に住んでいると、森の中に身を置いて深呼吸するだけで何か活力が湧いてくるものです。

お店のご主人とお話しする機会もあり、今は魚もさばかないで料理をする人ばかりで、自然の恵みの真理を分かっていない!自分で獲物を獲ってさばいて食べるのが自然の摂理であって、それが真の子どもへの教育になると力説してらっしゃいました。

あっ私魚もさばいたことないんです、と口を滑らせてしまったらこっぴどく説教されてしまいました 汗

今後は魚を自分で釣ってさばいて子どもに食べさせることを目標にしたいです。

 

ただ、自然と共存しているわけじゃない。

自然が好き、自然の中に身を置くと自分がリセットされる。ご主人の話を聞くとそんな綺麗事な考えじゃいけないんだと思いました。

古来から人は自然と向き合い獲物を獲り、それを自分でさばき、命をいただいてきた。自然を崇め、神として畏れてきた。

スーパーに並べられている肉や魚。それらを育て肉をさばく人。命ある者を手をかけて絶つ。

それは綺麗事では片付けられない。何かの犠牲の上で今の自分の命が保たれている。

それを誰かが代わりにしてくれている。本来なら自分でやることなんだ!とご主人に教えられました。

もっと本質を見ないといけないわけなんです。ただ生活しているだけじゃ見逃してしまう、見ようとしない、見ないようにしている現実。そこを忘れてはいけない。教育とは何か。親が子にしてあげられることは何か。

とても考えさせられる時間をいただきました。

その他にもたくさん仕事のことなども助言をいただいたり、とても充実した時を過ごすことが出来ました。ただただ感謝です。

ツリーハウス、怖すぎて登れず!

次回、伺う時までに自分で魚をさばく!そして仕事で何か新しい物を創り出す!それを目標に頑張るぞ。

投稿日:

年末、今までを振り返って

年末の忙しい朝にふと自分の人生を振り返ってみた。
洗濯物を畳みながら、干しながら、考えていた。

物心がついた頃、少女漫画雑誌のりぼんに出会った。

まず目に飛び込んできたのはちびまる子ちゃん。ハンサムな彼女やときめきトゥナイトよりもちびまる子ちゃん。

あのたくさんのキラキラな漫画の中にある、違う世界観を持った漫画、ちびまる子ちゃん。今でも覚えている、確かクリスマスのお話でクリスマスツリーの土に金魚の死骸を埋めるという、とても少女漫画とは思えない内容だった。もちろん変態ギャグ漫画の大御所、少女漫画界に咲くドクダミの花こと岡田あーみん氏の漫画にも心を奪われる。

子ども心に思った。なんでこんな漫画がりぼんの中にあるのだろう。不思議だなーと。

大勢の中の少数派。たぶんそれが私の中の一番始めの少数派との出会い。

それ以降も私は常に少数派だった。

中学では漫画とゲーム好きの友人に恵まれ、ジャンプやセガサターンと戯れた。

無論、セガサターンも少数派である。あっ余談だが、うちの兄はファミコンではなくPCエンジンを持っていた。

高校の修学旅行。行き先は九州と中国地方。観光場所の多数決では、吉野ヶ里遺跡の候補に手を挙げた。私一人だけだった…。あれ?誰も弥生時代に興味ないの?!その方が驚きだった。

専門学校の海外研修のイタリアの観光場所の多数決。ローマ、ベネチア、フィレンツェ。ローマに手を挙げた。また私一人だった。何で?!皆、遺跡見たくないの?!ベネチアに決まった。謎だった。

私は常に少数派。高校の時の夏休みの課題で曼荼羅を描いたり、売れないバンドにハマって追っかけやったり、音楽の授業の自由課題でギターを披露したり。大好きなモデルさんに憧れてベリーショートにしたり…。

何でなんだろう。王道ではないところに魅力を感じるからなのか。ただ単にそういうものが好きなのか。

これは生まれ持った個性なのか。

いつもどこか人と違うことで浮いているかもと思うことがある。

でもそれはそれでいいと思っている。むしろそれがいいと思っている。

私は私であって、それ以外の何者でもない。

好きなものは好きで、とことん好きでいい。

皆と違うから、を気にしなくていい。

私は私。

一番大事なことだ。

投稿日:

革ボタンが出来るまで

国内で唯一の革ボタンの産地、奈良県は橿原市。

大和三山に囲まれた藤原宮跡のすぐそばの工場で革ボタンは作られています。

職人さんの手作業で生み出される革ボタン。その様子をこの目でしかと見てきました!

革ボタンが出来るまでのだいたいの流れはこうです。

くるみボタンの場合

①裁断機で革をヒモ状にカットする

②革を皮漉機で漉く

③革をバスケット状に編む

④金型に入れて機械でプレスする

⑤塗装する

⑥乾かす

とまぁざっとこんな手順で革ボタンが出来上がります。

一見簡単に見える作業でも力のさじ加減で出来上がりが左右されてしまいます。

長年の経験と職人技があってこその技術です。

小さなボタンに手作業の高度な技術が詰まっているなんてすごい!

今回、取材をさせてもらいより革ボタンの魅力を感じることが出来ました。

まだまだ奥が深そうな革ボタンの世界。もっと勉強して皆さまに早くお届けしたい!

 

 

投稿日:

いつもの藤原宮跡

私の生まれは武蔵の国。何故か奈良に惹かれ8年前に単身でやってきた。

当初は奈良市の西大寺に住んでいて、その交通の便の良さと歴史の深さと大好きな奈良公園にすぐに行ける立地がとても気に入っていた。

が、結婚を機に奈良の中和へ引っ越すことに。平城京から藤原京へ。

同じ奈良でも雰囲気が全然違う。鹿さんもいないし、すぐ近くにお寺もない(ちょっと行けばあります!)

そんな橿原に住んで約7年…。やっとわかってきた良さ。

革ボタンを始めとする伝統産業との出会い、今井町という歴史ある町にある興味深過ぎるお話し(これについてはいずれお話しします)。毎日眺める藤原宮跡の広大な土地。

なんて贅沢な場所に住んでいるんだ!気づくのが遅いよぉ

こんな景色を毎朝見てるんです。すごくないですか?!

何がすごいかって、うまく言えないんですが…。日本が生まれる神話の時代からこの土地は特別で神様がたくさんいて…国を作る人たちがたくさん集まって争い事も絶えなかったけどずっと今の今まで歴史が続いていて…。尊いなと。

一見、何にも無いところにロマンがある!何にも無いからこそ想像できる魅力がある。

私は目に見えない人々の気持ちが好きなのかな。この土地にいて感じる空気や山々や空の動き。ずっと昔からそのまま続いている。“歴史”じゃないのかな今は昔。ずっと繋がっているこの瞬間。

こんな魅力的なこの街をもっと多くの人に知ってもらいたい!というほどの意気込みがあるわけじゃありませんが、ちょっとずつでもこの想いを広めることができたら素敵だな。昔を思ってドキドキワクワクする気持ち。何かがあって私たちが今ここにいるという事実。すごいことだな~。なんて尊いことなんだろ。

ここから始めたい。はじまりの地で始まる何か。

投稿日:

ポンテデピエ!奈良の靴下屋さん

みなさん、こんにちは。

奈良と言えば…鹿、大仏、法隆寺、そして靴下!。そう、知る人ぞ知る国内生産量日本一!の靴下のメッカなんです。

奈良県は広陵町にある靴下のブランド「Ponte de pie!」さんの靴下をご紹介させてもらいます。

“自分たちが毎日履きたい靴下、履いていて嬉しくなるような靴下をつくる”という目的でポンテさんの靴下は作られています。

実際に私たち夫婦もまだ2足目ずつですが愛用させてもらっています。その履き心地の良いこと。丁寧にゆっくりと編み上げられた靴下と包まれるような履き心地。色目も落ち着いていて個人的に革の靴に合わせやすいと思っています。

こんな風にNAOTの革靴にぴったり!

秋冬ものの靴下はウール混でぬくぬくとして履いていて気持ちが良いです。この冬はオレンジ色の靴下を購入しましたが、ブラウンも気になる!これがまたいい色合いをしてるんですよねぇ。いつ買いに行こー

大量生産では出せない風合い、温もり。それをしっかりと自分たちの想いと一緒に届けているポンテさん。素敵です。

Ponte de pie!

投稿日:

素敵な会に行ってきました。

先日、sound&art gallery「日+月+星」さんが主催する~いろんな人交流会~に参加させてもらいに新大宮の「雨の日製作所」さんに行ってきました。
以前から気になっていたアトリエ兼ショップさん。そこで行われるいろんな人達との交流会。こういう会に出席するのは初めての為、勝手もわからないし、とにかくドキドキワクワクソワソワ(自分で行こうと決めたのにね~)
ちょっと早めに会場に到着。思っていた通り素敵な空間。センスの良い雑貨や紙小物たちが並べられている。
そして~いろんな人交流会~は始まりました。急に心臓がバクバク。事前に書き出した最近気になっている9つのキーワードを元にまずは4~5人のグループで質疑応答タイムが始まりました(お互いの職業等は伏せた状態で)それを何度か繰り返し、人もシャッフルし、だいたいの参加者の方とお話をすることができ、そのおかげで緊張もほぐれ、初めてお会いした人が気になる人、お友達になりたい人、に変わっていきました。
いつも思うんですが、それが不思議なんです(それってなんだ?!)相手の職業も身分もわからない。まだ何も“知らない”人。いつだってそうです。学校に入学して、初めて会う人。会社に入って、初めて会う人。結婚した相手の親戚。子どもの幼稚園のママたち。最初は皆、知らない人。
会って話をする度にその人の縁取りが出来上がってきて自分の中の“その人”像が確立する。知らない人から知っている人へ。そうすると、知らないだけの人たちから個人個人がブワッと浮き立って見えて来る。
何が言いたいのか難しいけど、その一瞬一瞬の工程があって、その人の顔も唯一無二のその人だけになる。“知らない”という一塊だったものが一人一人個性として見えてくる。
要は~いろんな人交流会~はその、徐々に相手を知っていくというものではなく、一瞬でその人像がわかってしまうような会だったのです。すごく画期的!気になる9つのキーワードだけでその人の中身が見えるというかなんというか。その後一人一人自己紹介の場もあり、マルッとその人像が出来上がりました。もちろん、見えていない部分、まだ知らない事は無限にあるはずです。でも、その数時間だけで打ち解けて、仲良くなってまた会いたい人になるってすごいことですよね。こんな交流会を考えてくれた日+月+星さん、雨の日製作所さん、すごい。感謝の言葉しかありません。
そんなわけでたくさんの知らない人たちが一瞬で知っている人たちになった交流会。楽しくないわけがありません!緊張が消えた後、そこはとても心地の良い空間になっていました。いるだけで楽しい。ワクワクする。たくさんの個性豊かな方達に囲まれ、ご縁の素晴らしさをまた改めて実感しました。
この会を知ったきっかけや行こうと思った動機。その日、その時間に集まった人たち。全てがきっと繋がっているような、何か見えないものがそこに存在しているような。お互いを引き合わせる力というか…。なんかあるんだと思います。
よく、偶然はないすべては必然だと聞きますが、その通りのような気がします。
行動しないと何も動かない。何も始まらない。とにかく動く!心のままに心に正直に。