夏の!オーバーオール、サロペットの着こなし

コーディネイト

こんにちは!コナランスタッフです。

夏場のオーバーオール、どうしてますか?暑くてそんなもの着てられるか!着るのも面倒くさいし、脱ぐのも面倒くさいからそもそも着ないけどね、という方もおられるかと思います。まぁまぁ目くじら立てずに少しでもいいのでオーバーオール派の意見でも聞いてみてはいかがでしょうか。あっ別に聞かなくてもいいんです、ほんとマジで強制じゃないんで興味ある方だけでもちょっと読んでみてくださいな。

“夏場のオーバーオール”聞いただけでも汗疹が出きそうですが、私が夏にオーバーオールを着る上で気を付けていることなどを書きたいと思います。

夏は素材・生地重視!

夏場にピッタリな素材と言えば、ズバリ麻でしょう!通気性の良さ、吸水、吸湿性に優れており、ザラっとした質感が涼しげで汗をかいても肌に張り付きません。高温多湿の日本では昔から重宝されてきた素材だそうです。そんな麻素材のオーバーオールなら夏場でも快適に過ごせます。

合わせた鞄はMicsmile2WAY帆布ショルダーバッグ(大)

↑麻100%のオーバーオールにメンズのラコステのポロシャツを合わせたコーデです。ただ、難点と言えばシワができやすいところでしょうか。私は着る前にその都度アイロンをかけているので着初めはぴしっとしていますがデスクワークなので気が付けば膝の後ろ側などシワだらけになっています。でもそれでもいいんです。逆にシワが麻の味なので一日中着ているときのシワは気にしていません。かといって気になる方は気になると思います。そんな方は麻がミックスされた綿麻素材やレーヨン×麻の生地を使ったオーバーオールがおすすめです。

合わせた鞄はじっくり作った革のスクエアショルダーバッグ

↑こちらのサロペットは綿麻素材です。麻100%に比べるとシワが付きにくいのでアイロンがけせずに着ることもあります。かといってシワはあるのでそこはナチュラルな風合いとして楽しみましょう。

ゆったりしたデザインを選ぶ!

細身でスラっとしたデザインよりもダボっと空気をはらんだゆとりのあるデザインだと着やすいです。

合わせた鞄はKONBU-N2WAYショルダートート

↑こちらは腰回りに大変ゆとりのあるオーバーオールです。空気の通り道が大きい分、涼しげに着ることができます。ぱっと見、池の水全部抜く時に着そうなオーバーオールですがそこが無骨でカッコいいデザインです。

足首が出るくらいの丈を選ぶ!

夏場は足首が出るくらいの丈のものを選ぶと涼しげです。

合わせた鞄はコロンとした本革ミニショルダーバッグ

↑フルレングスのものより、つんつるてんぐらいの方が隙間から空気が入るので熱がこもらずに着れますね。しかもこの丈感だと靴下で遊べる!お気に入りの靴下を履いて覗かせたり、差し色でポイントにすることもできてオシャレが一段と楽しくなります。

ノースリーブを合わせる!

夏しかできない服合わせ、袖なし服とオーバーオールの組み合わせ。やんちゃなオーバーオールを健康的な腕だし服で合わすとなんとも爽やか。

合わせた鞄は型押しメッシュレザーと帆布のトート

この際、腕を出して脇を開放してみませんか?かいた汗も一瞬で吹き飛びかつ腕の可動域も最大限に生かせます。すごいなノースリーブって。

いかがでしたか、暑い夏でも十分にオーバーオールを楽しむことができます。むしろ、夏場だからこそオーバーオールが映えると思います!ちらほらセールも始まっていますし、自分に合った夏のオーバーオールを探してみてはいかがでしょう。

コメント